Top > GT-R LM ロードゴーイングバージョン '95
分類性能
メーカーニスモ総排気量2,568ccPP456
国籍日本最高出力305PS/6,800rpm全長4,675mm
カテゴリノーマルカー/ホモロゲーションモデル最大トルク38.0kgfm/4,500rpm全幅1,880mm
モデル簡易駆動形式FR全高1,300mm
ギャラリー非対応吸気形式TB車両重量1,580kg/59:41
内装簡易PWR5.18kg/PSTM5速
入手方法カスタム/チューン制限
ディーラーCr.50,000,000カスタムペイント:不可、ホイール交換:可、エアロ装着:不可
プレゼント---チューンダート走行不可
足回り・TM・LSD・エンジンチューン・ターボキット・ナイトロ・ボディ系のみ可
デフォルトでダウンフォースの調整が可能

  • 1995年、ル・マン24時間レースに参戦するため、ホモロゲーション取得用に1台のみ製作されたマシン。
    ナンバーはイギリスで取得したため、テールライト等の灯火類はイギリスの法規制に準じたものを採用している。
    「同一車種に4ドアが存在する車両はエントリーから除外する」という当時の規定をクリアするため、スカイラインの名は外された。
    現在本車は座間記念車庫に保管されており、一般公開はされていない。
  • レーシングカーに4WDシステムは必要ないため、ベース車両のBCNR33と異なりFR化されてある。
    旋回性能向上のためにワイドタイヤを履かせる必要があったため、フェンダーは前後共にブリスター化、車幅が左右50mmずつワイドになった。
    タイヤサイズは前後共に315幅、足回りもマルチリンク式からダブルウィッシュボーン式に変更されている。
  • 本来のGTクラスと考えればこの車は理想的であったが、世の中はマクラーレンF1が登場し、舵がなんちゃってGTカーに切られた頃であった。
    そのため本車で出場する事になった日産の選手達は揃って「クラスが違う」と嘆き、R390プロジェクトがスタートする切っ掛けになった。
  • ル・マン参戦後は本車をベースとしたレーシングカーが、全日本GT選手権にJGTC仕様R33に混じって参戦していた。
    JGTC仕様は「スカイライン GT-R」名義だったのに対し、当車は「ニスモ GT-R LM」でエントリーしている。
  • なお、本車はスタンダードモデルの中でも、比較的クオリティが高い車両の内の1台である。




リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-11-05 (水) 08:21:45 (1812d)