Top > ランサーエボリューション GSR '92
分類性能
メーカー三菱総排気量1,997ccPP428
国籍日本最高出力250PS/6,000rpm全長4,310mm
カテゴリノーマルカー/ホモロゲーションモデル最大トルク31.5kgfm/3,000rpm全幅1,695mm
モデル簡易駆動形式4WD(35:65)全高1,395mm
ギャラリー非対応吸気形式TB車両重量1,240kg/57:43
内装簡易PWR4.97kg/PSTM5速
入手方法カスタム/チューン制限
ディーラーCr.2,738,000カスタムペイント:可、ホイール交換:可、エアロ装着:可
プレゼント---チューン---
+  ←カラーバリエーションを表示

#ref(): File not found: ".jpg" at page "ランサーエボリューション GSR '92"

#ref(): File not found: ".jpg" at page "ランサーエボリューション GSR '92"


  • 4代目ランサーをベースに1992年に登場したランサーエボリューションは、当時のグループAのホモロゲーション取得のため製造された。
    少数生産による尖ったモデルの誕生を防ぐための生産台数2500台以上の量産車という制限をクリアするために、本当にその台数分だけ作ってしまうというGT-Rと並ぶ力技で、いろいろと物議を巻き起こした。
    公道走行を前提に快適装備を備えたGSRと、競技用ベースモデルのRSの2グレードによる基本構成はこのときから変わらない。
  • 当時ラリーにはギャランが使われていたが、もっとコンパクトな車をということでギャランのコンポーネントをほぼそのままランサーに押し込むような形*1で設計されたランサーエボリューションは、搭載エンジンはギャランVR-4譲りの4G63型DOHCターボエンジンで、最高出力はギャランのものより10PSアップした250PSを発生、2Lターボエンジンとしては当時トップクラスの性能を誇った。
    リアサスペンションがマルチリンクに変更される構成も現在に至るまで不変で、4WDシステムを搭載しながら車両重量はわずか1240kg(GSR)と軽量に仕上がっていた。
    市販車状態でここまで手が加わっていることは改造制限が厳しいグループNでも有効に機能している。
  • 先述のとおりグループAのホモロゲーションを取得するため、見方によれば間に合わせというかほぼ押し込んだだけという形で開発されたランサーエボリューションは、若干強化されていたとはいえ、市販車としてみればエンジンパワーに追いついていない車体やアンダーステア傾向が強いサスセッティングなど熟成不足が目に付いた。
    それでも、当時はここまで手が加えられた市販車、言い換えればメーカーが製造したチューンドカーは珍しく、一切の販促活動がなかったにもかかわらず当初用意された2500台がわずか2日で完売するという衝撃的なデビューとなった。
    そのため後日2500台が追加生産されている。
  • ランサーエボリューションの登場は国内外のラリー参戦している自動車メーカーに多大な影響を与え、特に1994年に登場するスバル インプレッサとは熾烈な開発競争を繰り広げることで、ともに世界的なスポーツカーに成長していくことになるのである。



*1 ただし押し込んだ先は日本の物でなく、冷却系強化やボディが強化されていた中東用のランサーだったりする

リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-01-24 (土) 12:42:15 (1897d)