Top > インプレッサ セダン WRX STi '94
分類性能
メーカースバル総排気量1,994ccPP438
国籍日本最高出力250PS/6,500rpm全長4,340mm
カテゴリノーマルカー/スポーツカー最大トルク31.5kgfm/3,500rpm全幅1,690mm
モデル簡易駆動形式4WD(45:55)全高1,405mm
ギャラリー非対応吸気形式TB車両重量1,230kg/54:46
内装簡易PWR4.55kg/PSTM5速
入手方法カスタム/チューン制限
ディーラーCr.2,778,000カスタムペイント:可、ホイール交換:可、エアロ装着:可
プレゼント---チューンドライバーズ・コントロール・センターデフ搭載
+  ←カラーバリエーションを表示

  • 1992年に生産が始まった初代インプレッサは英語の「Impression」を由来とし、当時の主力車種であったレオーネの後継車として誕生した。
    また、上位モデルのレガシィより小型のモデルであったことから当初よりラリー参戦を運命付けられた車種でもあった。
    4ドアセダンと5ドアワゴンという2種類のボディを持ち、レガシィから受け継いだEJ型水平対向4気筒エンジンは排気量1.5Lから2.0Lと多彩なラインナップを揃え、FFに加えて4WDも選択可能であった。
    そして、ラインナップ中で最もハイパフォーマンスな仕様を「WRX」と呼称し、2.0Lターボに4WDシステムを組み合わせた高性能なものであった。
  • 本モデルは先述のWRXにさらに手を加えた「WRX STi」と名乗る限定モデルで、ベースモデルよりやや遅れて1994年に登場。
    後にVer.IIVer.IIIが登場したため、Ver.Iの通称で呼ばれる。
    スバルのエンジン職人による手作業調整もあり、最高出力はWRXより10PS上昇した250PSを発揮した他、足回りにも手が加えられている。
    ただし、それらに比してミッションの強化が相対的に行われなかったため、モデルライフを通じて「ガラスのミッション」が泣き所でもあった。
  • WRX STiは1993年8月にWRCデビューしたラリーカー直系かつ、本モデルもグループAのベースモデルとしてラリーとの関係を深めてゆく。
    そして、先に登場していた三菱ランサーエボリューションと終わりない性能競争に足を踏み入れてゆくことになるのである。

+  余談




リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-07-06 (月) 21:35:24 (1697d)