Top > ランサーエボリューション III GSR '95
分類性能
メーカー三菱総排気量1,997ccPP433
国籍日本最高出力270PS/6,250rpm全長4,310mm
カテゴリノーマルカー/ホモロゲーションモデル最大トルク31.5kgfm/3,000rpm全幅1,695mm
モデル簡易駆動形式4WD(30:70)全高1,420mm
ギャラリー非対応吸気形式TB車両重量1,260kg/59:41
内装簡易PWR4.70kg/PSTM5速
入手方法カスタム/チューン制限
ディーラーCr.2,968,000カスタムペイント:可、ホイール交換:可、エアロ装着:可
プレゼント---チューン---
+  ←カラーバリエーションを表示

  • 1995年に登場したランサーエボリューションIII。後に「第1世代」と呼ばれる、4代目ランサーベースのランエボの最終型。
  • 外装ではリップスポイラーや開口部が大型化したフロントバンパーや、リアには市販車としては異例の大型ウィングを装備。
    エンジンは圧縮比引き上げや各パーツの設計見直し等で最高出力が270PSに向上、足回りやボディの剛性も更に強化された。
    また、市販状態では封印されているものの、WRC参戦時にターボラグを解消する為の「2次エア供給システム」を搭載した。
    冷却や空力性能を強化した一方でフロントの空力不足、僅かなブーストアップでもエンジンブローしうる点が弱点となった。
  • だが、エボII譲りの足回りと本車の改良による性能向上は目覚ましく、WRCに於いても複数回の優勝を含む活躍を見せた。
    本車を駆る三菱陣営はWRCの最上位常連となり、1996年にはトミ・マキネンが自身初のドライバーズタイトルを獲得した。
    このような好成績を残した本車は1996年8月に5代目ランサーベースのエボIVに切り替わり、各競技からも前線から退いた。




リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2023-10-22 (日) 10:54:00 (122d)