Top > ランサーエボリューション III GSR '95
分類性能
メーカー三菱総排気量1,997ccPP433
国籍日本最高出力270PS/6,250rpm全長4,310mm
カテゴリノーマルカー/ホモロゲーションモデル最大トルク31.5kgfm/3,000rpm全幅1,695mm
モデル簡易駆動形式4WD(30:70)全高1,420mm
ギャラリー非対応吸気形式TB車両重量1,260kg/59:41
内装簡易PWR4.70kg/PSTM5速
入手方法カスタム/チューン制限
ディーラーCr.2,968,000カスタムペイント:可、ホイール交換:可、エアロ装着:可
プレゼント---チューン---
+  ←カラーバリエーションを表示

  • 1995年に登場したランサーエボリューションIII。後に「第1世代」と呼ばれる、4代目ランサーベースのランエボの最終型。
  • 外装ではリップスポイラーや開口部が大型化したフロントバンパーや、リアには市販車としては異例の大型ウィングを装備。
    エンジンは圧縮比引き上げや各パーツの設計見直し等で最高出力が270PSに向上、足回りやボディの剛性も更に強化された。
    また、市販状態では封印されているものの、WRC参戦時にターボラグを解消する為の「2次エア供給システム」を搭載した。
  • エボIIから各部の冷却や空力性能を強化するという進化を遂げた本車両だが、同時にまた新たな弱点も生まれてしまった。
    大型リアウィングによりリアのダウンフォースは確保されたが、フロントのダウンフォースが弱くバランスを欠いていた。
    エンジンの圧縮比9もターボ車としてはほぼ限界で、僅かなブーストアップでもエンジンブローする危険性も孕んでいた。
  • エボII譲りの強化された足回りと本車両での改良による性能向上は目覚ましく、WRCでは複数回の優勝を含む活躍を見せた。
    本車両を駆る三菱陣営はWRCの最上位常連となり、1996年にはトミ・マキネンが自身初のドライバーズタイトルを獲得した。
    このような好成績を残したエボIIIは1996年8月に5代目ランサーベースのエボIVに切り替わり、各競技からも前線から退いた。




リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-06-02 (火) 14:16:35 (37d)