Top > ギャラン 2.0 DOHC ターボVR-4 '89
分類性能
メーカー三菱総排気量1,997ccPP408
国籍日本最高出力205PS/6,000rpm全長4,560mm
カテゴリノーマルカー/ホモロゲーションモデル最大トルク30.0kgfm/3,000rpm全幅1,695mm
モデル簡易駆動形式4WD(35:65)全高1,440mm
ギャラリー非対応吸気形式TB車両重量1,340kg/59:41
内装簡易PWR6.09kg/PSTM5速
入手方法カスタム/チューン制限
ディーラーCr.2,781,000カスタムペイント:可、ホイール交換:可、エアロ装着:可
プレゼント---チューン---
+  ←カラーバリエーションを表示

  • 2代目以来となる「ギャラン」の名が与えられた6代目ギャランは1987年10月に発表、販売された。
  • その中でも、WRC・グループA参戦を目論んで開発されたのが本車「VR-4」である。
    トップグレードのVR-4は当時の三菱の市販車最速であり、名機として名高い4G63型ターボエンジンは、直列4気筒エンジンナンバーワンの205馬力を発揮。
    さらにその後マイナーチェンジによって中期型は220馬力、モデル末期では240馬力を発生した。
  • 1992年に生産終了。第8回の日本カー・オブ・ザ・イヤーを受賞しているなど、この6代目ギャランは三菱の名車の1つに数えられ、特にVR-4は現在の中古車市場においても、程度の良い個体は高値で取引される。
    なお、前述のエンジンと4WDシステムを搭載した、生産終了同年登場のランサーエボリューションが本車の目的をほぼそのまま受け継いだ。
  • ちなみにGT6収録の本車は1989年式となっているが、マイナーチェンジを受けた中期型ではなく、「マイナーチェンジを受ける直前の」初期型である。

+  レース活動

+  余談



リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-12-21 (木) 16:51:19 (719d)