Top > シルエイティ '98
分類性能
メーカー日産総排気量1,998ccPP411
国籍日本最高出力205PS/6,000rpm全長4,470mm
カテゴリノーマルカー/カスタムカー最大トルク28.0kgfm/4,000rpm全幅1,690mm
モデル簡易駆動形式FR全高1,290mm
ギャラリー非対応吸気形式TB車両重量1,170kg/54:46
内装簡易PWR5.67kg/PSTM5速
入手方法カスタム/チューン制限
ディーラーCr.2,288,000カスタムペイント:可、ホイール交換:可、エアロ装着:可
プレゼント---チューン---
+  ←カラーバリエーションを表示

  • シルエイティとは、180SXの車体にシルビアの前部を移植したクルマの通称である(シルビア+180(ワンエイティ)=シルエイティ)。
    あくまで通称であり、後述のように日産自身が手掛けたわけではないが、すでに日産が商標登録済みである。
  • 180SXとS13型シルビアは基本骨格を同じくする姉妹車であることからボディパネルなどが相互に交換可能である。
    損壊した180SXの修理にS13型シルビアの部品を使用したことや、180SXがリトラクタブルライトを備えていたためフロントを軽量化や剛性をアップさせる事を目的としたチューンアップの一環などの理由でこうしたクルマが出現してきたと考えられているが、正確なところは定かではない。
    いずれにせよ、シルエイティ化した180SXのスタイリングが評価されたことで、主にチューニングカー愛好者を中心に名が知られるようになり、漫画やゲームに登場したことでさらに有名になったとされている。
  • シルエイティで最も有名なのは上記のとおり姉妹車であるS13型シルビアを利用したもの(収録モデル)であるが、S14型(前期型後期型)やS15型シルビアを利用したクルマも存在する。
    ただし、S13型シルビアのパーツを流用するレベルではなく、相当程度の改造が必要となる。
  • 1998年に名古屋のチューニングショップ「有限会社きっずはあと」の手により500台限定で新車が販売されたことがある。
    フロントグリルやテールランプが後期型180SXなどの特徴が一致するので、収録モデルはこの新車販売された個体がモデルになっている模様。
    フロント:シルビア、リア:180SXが出来る以上、勿論逆Ver.も存在する。コチラは通称"ワンビア"などと呼ばれるが、シルエイティほどの人気は得られておらず、GTシリーズに収録されたこともない。ただ、北米地域で"240SX"名で新車販売されていた他、一時期のD1GPに参戦していたことがある。
  • ちなみにフロントバンパーの形状が他のS13と違うが、これは日産が用意していた純正オプションバンパーである。
    かなりの希少品であり、現在では高額で取引されている。




リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-02-04 (火) 23:04:55 (17d)