Top > シルビア K's エアロ (S14) '93

このページは未完成です
重量配分・PWR

分類性能
メーカー日産総排気量1,998ccPP407
国籍日本最高出力220PS/6,000rpm全長4,500mm
カテゴリノーマルカー/スポーツカー最大トルク28.0kgfm/4,800rpm全幅1,730mm
モデル簡易駆動形式FR全高1,295mm
ギャラリー非対応吸気形式TB車両重量1,220kg/:
内装簡易PWR.kg/PSTM5速
入手方法カスタム/チューン制限
ディーラーCr.2,534,000カスタムペイント:可、ホイール交換:可、エアロ装着:可
プレゼント---チューン
+  ←カラーバリエーションを表示

  • 1993年10月にデビューしたS14シルビアは、プラットフォームやSR20型エンジン等の大部分を先代から継承し、正常進化型モデルとして登場した。
    S14型最大の特徴はボディサイズの拡大であり、全車3ナンバー登録となった。
    グレード構成は先代同様のK's(ターボ)、Q's、J's(いずれもNA)である。
  • 当時、拡大されたボディサイズと曲線を多用したデザインがユーザーに受け入れられず販売は苦戦し、1996年に後期型へマイナーチェンジされた際、フェイスリフトが実施されることとなった。
    しかしS13以降のシルビアの中では最もパワーとシャシーのバランスに優れているのも事実である。
  • S14型は1998年12月に販売を終了したが、比較的コンパクトなFR車として貴重な存在であること、S13型や後継モデルのS15型と共通部品が多いことなどから現代でもアフターマーケットは活発な部類である。
  • 本シリーズではGT4以来1993年式として扱われているが、実際には93年にはまだ「エアロ」は登場していない(エアロの登場は95年)。




リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-03-02 (土) 14:53:08 (226d)