Top > ゴルフ V GTI '05
分類性能
メーカーフォルクスワーゲン総排気量1,984ccPP405
国籍ドイツ最高出力200PS/5,100rpm全長4,204mm
カテゴリノーマルカー/3ドアハッチバック最大トルク28.6kgfm/1,800-5,000rpm全幅1,759mm
モデル高品質駆動形式FF全高1,485mm
ギャラリー対応吸気形式TB車両重量1,336kg/60:40
内装再現PWR6.71kg/PSTM6速
入手方法カスタム/チューン制限
ディーラーCr.3,275,000カスタムペイント:可、ホイール交換:可、エアロ装着:可
プレゼント---チューン---
+  ←カラーバリエーションを表示

ゴルフ5.jpg

  • 2003年に登場したゴルフVは先代の正常進化版だが、行き過ぎた高級化路線からの脱却を図り、軽快な運動性能を取り戻した。
    ボディサイズは拡大しているが、それによって生じた余裕は衝突安全性能を確保した上での軽量化に寄与している。
    最大の進化はリアサスペンションがマルチリンク式に変更になったことで、運動性能や操安性能の向上し、上質な乗り心地も手に入れた。
  • 歴代ゴルフは様々なグレードが用意されているが、ゴルフV全体を通してみると、先代に比べてエンジン排気量が小さくなっている。
    そのため、排気量を小さくしたことにより低下する出力を過給機で補う方針、所謂ダウンサイジング化が採られていた。
    更には全モデルが直噴仕様である事に加え、電動化されたパワステ、モデル中期に導入されたTTC-Cによって省燃費化が図られている。
  • 収録モデルであるGTIは2005年に"GTI is back"というキャッチコピーを携えて登場した。
    ボディの肥大化と共に俊敏性が損なわれていった先代までに対し、「あの頃を連想させるホットハッチの復活」という意味が込められている。前述の軽量化等によってスポーティーなイメージを取り戻した他、初代GTIへのオマージュとして、初代GTIの特徴であった赤枠で囲まれたハニカム形状のグリルやチェック柄のファブリックを採用したシートは本モデルにも受け継がれている。
    加えて排気量2L直4ターボエンジンに6速MT/6速DSGの組み合わせにより、先代GTIとは一線を画す運動性能を備えていた。
    なお、2006年には先代同様にR32もラインナップに加わっているが、こちらは未収録である。
  • 2009年に次期モデル「ゴルフVI」のデビューにより生産終了となっている。




リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-11-01 (土) 13:10:25 (1568d)