Top > 日産 GT-R コンセプト (東京モーターショー 2001)
  • 総排気量:---cc
  • 最高出力:---ps(477ps)/---rpm(6500rpm)
  • 最大トルク:---kgfm(66kgfm)/---rpm(3500rpm)
  • 駆動形式:---(4WD 標準前後トルク配分=20:75)
  • 全長:---mm
  • 全幅:---mm
  • 全高:---mm
  • 車両重量:---kg(1560kg)
  • 重量バランス:52対48
  • 価格:Cr.99,944,500(走行距離111km)
  • Lv:10
  • PP:521(529)
  • プレゼントカー入手:国際C級ライセンスをオールゴールドでクリア
  • 備考:トランスミッションは7速
  • 備考:()内の数値はリフレッシュ・OHした際のもの
  • 備考:アクティブエアロシステム搭載
  • 備考:エアロパーツ装着不可
  • 備考:ダート走行不可
  • 備考:駆動形式が表示されないが駆動力配分式センターデフを装着できるので4WDだと思われる
  • 備考:配信イベントの4WDチャレンジには初期状態では参加できないが上記のセンターデフ装着後に参加できるようになる
  • 備考:ノーマル時のセンターデフの数値が、20:75になっている

GT-R-2001-1.jpg
GT-R-2001-2.jpg
  • ↓アクティブリアウイング:高速走行時に作動する
GT-R-2001-3.jpg
  • 2001年に開催された東京モーターショーの日産ブースは喧騒に包まれていた。
    というのも、本モデル「GT-Rコンセプト」について、日産はモーターショー関係者にすら当該車両の存在を秘匿するなど徹底した情報統制を行っていたからである。
    一切の予告もなく日本最大のスポーツカーブランドともいえるGT-Rの名を冠する次期モデルが飛び出してきたのだから、内外の衝撃は非常に大きいものがあった。
    なにせ当時は未だR34型スカイラインGT-Rが市販されていたのだから。
  • 続いてプレゼンテーションを行ったカルロス・ゴーンCEO(当時)がアンヴェイルされたばかりの「GT-Rコンセプト」を前にして、
    「世界的に有名な3つのアルファベットがあります。G、T、Rです。私はここでお約束いたします。必ずGT-Rは復活します。」と発言し、GT-Rの復活を高らかに宣言した。
    しかしGT-Rコンセプトに関しては車体サイズを含む一切のスペックを明かさず、あくまで日産が掲げる究極のドライビングプレジャーを具現化したモデルとしか説明しなかった。
  • 後に内装の写真も部分的に公開された。デザイン自体はコンセプトカーらしく現実味乏しいものであるから割愛するとして、目を引いたのは後部座席中央にロールケージ状の補強パーツが装着されていた点であった。
    ただし、現国内法規ではこうしたパーツを採用すると後部座席が設定できないため、後に発売された市販車では当然採用されていない。
  • このように(当時は)謎が多いGT-Rコンセプトであったが、グランツーリスモコンセプト2001TOKYOにおいて収録されたことも当時としては衝撃が大きかった。
    さらに言えばGT3におけるZコンセプト(Z33型)に引き続いてコンセプトカーが収録されることとなり、両者の関係が深いことをうかがわせた。
  • そして、ゴーン氏の言葉どおり、GT-Rはプロトを経て、R35型GT-Rとして市販化に至る。
  • GTコンセプトではスペックは不明だったが、GT4では最大出力が約450馬力だった。 
    そして、2007年に発表されたR35は480馬力と、ニアピンだった。                        

  • カラーバリエーション:Titanium Blade(シルバー)



リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-05-19 (金) 03:11:43 (551d)