Top > ミニ ミニ クーパー S '11
  • 総排気量:1598cc
  • 最高出力:184ps/5500rpm
  • 最大トルク:24.50kgfm/1600-5000rpm
  • 駆動形式:FF
  • 全長:3729mm
  • 全幅:1683mm
  • 全高:1407mm
  • 車両重量:1140kg
  • 重量バランス:60対40
  • 価格:Cr.3,030,000
  • Lv:1
  • PP:403
  • 追加条件:Ver.2.02以降かつカーパック2を購入
  • 備考:トランスミッションは6速
  • 備考:エアロパーツ装着不可
  • 備考:ボディペイントを施すと単色になる

MINI-COOPER-S11-1.jpg
MINI-COOPER-S11-2.jpg
  • 2010年10月、BMWは2代目ミニのマイナーチェンジを実施し、2011年モデルとして発売すると発表した。
    内外装にわたって変更が加えられたものの、ミニのデザイン的なアイデンティティを崩すことなく細部にわたるアップデートが施されている。
  • フロントバンパーのデザインを変更したため全長が若干延長、同時に歩行者保護のためONE&クーパーはエンジンフードに手が加えられた。
    さらに本モデル、クーパーSではフロントグリルのデザインも変更されている。
    また、リヤコンビランプにLEDを採用するなどの、小規模なデザイン変更となっている。
  • メカニズム的な変更点ではONEの排気量増加(1.4L→1.6L)が大きいが、クーパーSにおいてはツインスクロールターボ直噴エンジンにBMWが持つバルブトロニック技術を使った可変バルブタイミング機構を新たに採用し、従来モデル比で最高出力9PS増加、燃費が約33%向上している。
  • さらに燃費向上のため、JCW(ジョン・クーパー・ワークス)を除いてブレーキエネルギー回生システムが搭載された。
    これはブレーキを踏んだ時やアクセルペダルから足を離した時に生じる運動エネルギーを電力に変え、エンジンに負担をかけることなくバッテリーを充電させるシステムである。
    なお、既にトヨタプリウス等にも同様の機構が採用されている。
    加えてMT車はアイドリングストップにも新たに対応することとなった。(GT5においては再現されていない。)

  • 「東京モーターショー2013」(会期:2013年11月20日〜2013年12月1日)にて3代目MINIが世界初公開された。日本導入は2014年春(恐らく3月2日・MINIの日)とのこと。ついに全車種3ナンバーサイズとなった。

  • カラーバリエーション:Chili Red, Spice Orange Metallic, Hot Chocolate Metallic, Eclipse Grey Metallic, Midnight Black Metallic, British Racing Green II Metallic, Lightning Blue Metallic, Laser Blue Metallic, Ice Blue, Pepper White, White Silver Metallic



リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-05-17 (水) 07:48:30 (494d)