Top > フェラーリ 512BB '76
  • 総排気量:4942cc
  • 最高出力:360ps/6800rpm
  • 最大トルク:46.00kgfm/3600rpm
  • 駆動形式:MR
  • 全長:4400mm
  • 全幅:1830mm
  • 全高:1120mm
  • 車両重量:1400kg
  • 重量バランス:45対55
  • 価格:Cr.10,250,000
  • Lv:8
  • PP:481
  • 備考:トランスミッションは5速
  • 備考:エアロパーツ装着不可
  • 備考:ボディペイントを行ってもバンパーの黒い部分等は塗装されない
  • 備考:ダート走行不可

Ferrari-512BB-1.jpg
Ferrari-512BB-2.jpg
  • 1976年のパリ・サロンでデビューした512BBは当時のフェラーリのフラッグシップモデルであり、ランボルギーニ カウンタックと並んで当時のスーパーカーブームの立役者であった。
    当時、規制が厳しくなりつつあった排ガス規制に対応しつつ性能を維持させるためにフェラーリ365GT4BBの排気量を増加させたマイナーチェンジモデルである。
    総生産台数は929台とされている。
  • 車名の「512」は5リッター12気筒エンジンから。BBというのは「ベルリネッタ・ボクサー」の略で2ドアクーペ・水平対向エンジン(公式では水平対向扱い)を意味する。
    最高出力は360psに達した。
    レオナルド・フィオラバンティ氏のデザインによる流麗なボディは空力性能も高く、最高速度は302km/hとカウンタックLP400の300km/hを僅かに上回る。
    但し、あくまでも公称値であり、両車共に実際の最高速度は280km/h程度だったらしい。
  • 1981年に始動装置にインジェクションを採用した512BBiにマイナーチェンジされ、こちらは1001台が生産されたとされている。

  • 512BBは500馬力以上のチューニングを施され"512BBLM"としてサーキットに現れた。末期には車両前後をパイプフレーム化するまでモディファイされたが時のレースシーンはポルシェ935の独壇場であり、重くパワーでも劣る512BBLMに勝ち目は無かった。*1ル・マンでの512BBLMの最高位は1981年のシャルル・ポッジ・チームによる5位。
  • 脚注
    用語集にもあるとおり、フェラーリの「水平対向」はポルシェやスバル等が採用するボクサーエンジンではなく、バンク角180度のV型エンジンと解釈するのが正解である。

  • カラーバリエーション:Rosso Chiaro,Rosso Bordeaux,Rosso Met.,Rosso Rubino,Rosso Cordoba,Marrone,Viola Dino,Nero,Gold Poly,Oro Chiaro,Verde Medio,Bianco polo,Argento,Gr.Argento,Grigio Ferro,Azzurro,Celeste,Blu Dino,Blu Dino Met.,Blu Sera,Blu sera Met.,Blu Ortis,Blu scuro Dino,Giallo Fly,Rosso Dino


*1 時のフェラーリはワークス活動をF1に絞っており、市販車ベースでの参戦は"プライベーターに供給"という形を取っていた。

リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-05-17 (水) 04:26:31 (550d)