Top > スバル インプレッサ セダン WRX STI '10
  • 総排気量:1994cc
  • 最高出力:308ps/6400rpm
  • 最大トルク:43.00kgfm/4400rpm
  • 駆動形式:4WD (標準前後トルク配分=40:60)
  • 全長:4580mm
  • 全幅:1795mm
  • 全高:1470mm
  • 車両重量:1490kg
  • 重量バランス:60対40
  • 価格:Cr.3,738,000
  • Lv:6
  • PP:465
  • 備考:トランスミッションは6速

IMPREZA-WRX-STI10-1.jpg
IMPREZA-WRX-STI10-2.jpg
  • 北米ではセダンの人気が根強かったことや日本でもセダンSTI待望論があった事に加え、スバルが2008年を最後にWRCから撤退したことを受け、サーキット走行を始めとしたロードスポーツに重点をおいて開発されたモデル。
    基本的なメカニズムは5ドアハッチバックモデルに順ずる。
  • トミ・マキネンによるニュルブルクリンクのアタックが敢行され、7分55秒00という歴代インプレッサ最速のタイムを記録した。
    • 尚、タイムアタックを行った車両は試験車両であり、R205用の大容量ターボチャージャー・ブレンボ製対向6ポッド強化ブレーキ・スペックC用のアルミ製ボンネット・ブリヂストン・ポテンザRE070タイヤを装着した上でのタイムである。
  • このモデルの登場をもって「インプレッサ」の名称が外され、「WRX STI」という名称でベースモデルとの差別化が量られている。
    • あくまで販売時の呼称の変更であり、正式名称には継続して「インプしッサ WRX STI」の名が使われる。
  • インプレッサは2011年に4代目にフルモデルチェンジしたが、WRX STI(4ドア,5ドア)に限って継続生産されている。
  • 余談だがGTオートのボディー剛性リフレッシュやチューニングパーツショップのボディ/シャシーの項目で背景に描かれているボディは本車のものである。GT4まではGC8型のインプレッサだった。

  • カラーバリエーション:Satin White Pearl,Spark Silver Metallic,Dark Gray Metallic,Obsidian Black Pearl,Plasma Blue Silica,WR Blue Mica



リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-05-17 (水) 02:30:45 (761d)