Top > ジャガー XJ13 レースカー '66
  • 総排気量:4994cc
  • 最高出力:509ps/7600rpm
  • 最大トルク:53.40kgfm/6300rpm
  • 駆動形式:MR
  • 全長:4483mm
  • 全幅:1854mm
  • 全高:965mm
  • 車両重量:998kg
  • 重量バランス:45対55
  • 価格:Cr.2,000,000,000
  • Lv:19
  • PP:593
  • プレゼントカー入手:A-Lv.28 インディ500マイルをクリア
  • 備考:レーシングカーだがボディペイントが可能
  • 備考:パッシング、ハイ・ロービームの切り替え、ブレーキランプ点灯の各レスポンスがアップデートによって瞬時に反応するよう改善された
  • 備考:トランスミッションは5速

XJ13-1.jpg
XJ13-2.jpg
  • 1960代中頃、ジャガーがル・マン24時間レースに参戦するために総力を挙げて開発した、世界にたった1台しか存在しない幻の名車。
  • 曲線で構成されたデザインは、EタイプやXJSを手掛けた故マルコム・セイヤーによるもので、空力に優れていたとされる。
    エンジンは当時最新鋭で、後のジャガーV12気筒の基となった5.0リッターV12DOHC。これをジャガー初となるミッドシップにマウントした。
    最高出力は500馬力を超え、同世代の330 P4Mark IVと互角以上に渡り合える性能を持っていたとされている。
  • しかし、XJ13がル・マンに出場する事はなかった。BMCとの合併騒動でレース活動が停止されてしまったためである。
    また、直6DOHCを搭載するE-TYPEの販売の都合上、当時のジャガー代表がV12エンジンの存在を外部に漏らしたくなかったいう都合もあった。
    諦めきれなかった開発チームはその後も開発とテスト走行を続けたが、1967年夏にGT Prototypeクラスの排気量が3000ccに制限されてしまう。
    こうしてXJ13は、ル・マンへの参戦が完全に不可能となった。
  • 1971年、ジャガー首脳陣はE-TYPEシリーズ3の販売促進用のプロモーションに、保管されていたXJ13の利用を思い付く。
    シリーズ3に搭載されたV12SOHCエンジンは、XJ13用に開発された5.0リッターV12DOHCを、デチューン且つSOHCに改良したものであった。
    1972年に5年ぶりにサーキットを走行する事になったXJ13だが、長らく死蔵されていた車両がまともに走れるはずもなく、リアホイールの破損により225km/hでクラッシュ・大破してしまった。
    これを嘆いた関係者は、苦心の末に開発したXJ13を破棄する事ができず、修復を決意。実に2年以上もの歳月を掛けてほぼ完全な形に修復した。
  • 現在XJ13は、イギリスのジャガー本社工場内にある資料館に丁重に保管されている。
    ル・マン参戦は叶わなかったが、流麗なボディデザインと、そのあまりにも悲劇的な開発経緯から、最も人気の高いレーシングカーの一つとして語り継がれている。
    本車用に開発された5.0リッターV12DOHCは、その後改良を重ねつつ20年以上も生産され続け、E-TYPEシリーズ3・XJ-6・XJSといった数多くの車両に搭載された。ジャガーの歴史を語る上で欠かす事のできない名車と言えよう。
  • 2009年7月、イギリスで開催される『Goodwood festival of speed』に、この幻の名車が出場している。
    ちなみに運転したのはグランツーリスモの生みの親である山内一典氏。これがGTシリーズに登場するきっかけになったと思われる。




リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-01-15 (火) 18:50:18 (66d)