Top > シボレー コルベット コンバーチブル (C3) '69
  • 総排気量:5735cc
  • 最高出力:304ps/4800rpm
  • 最大トルク:52.54kgfm/3200rpm
  • 駆動形式:FR
  • 全長:4636mm
  • 全幅:1753mm
  • 全高:1217mm
  • 車両重量:1552kg
  • 重量バランス:55対45
  • 価格:Cr.5,000,000
  • Lv:6
  • PP:456
  • 備考:トランスミッションは4速

CORVETTE-conver-1.jpg
CORVETTE-conver-2.jpg

  • 「アメリカ唯一のスポーツカー」として名高いシボレー・コルベット。現在までモデルを世代毎に分けると合計7つに分類できるが、その中でも最も長く生産されたのが、第3世代にあたる68年から82年にかけての、いわゆるC3コルベットである。
    収録モデルのC3は、1969年に排気量を約400cc拡大した、スモールブロックユニット搭載型となる。
  • C2型の面影を多く残しつつも、本車独自の外観的な特徴として、通称「コークボトル」と呼ばれるボディラインがある。
    これは大胆に膨らんだ前後フェンダーと、括れたように見えるボディ中央部がコーラのビンを連想させた事から名付けられた。
    また、収録モデルの1969年式から「スティングレイ」の名前が復活。
    ただし綴りはC2で「Sting Ray」と2つに分けられていたのに対し、C3では「Stingray」となっている(Stingrayはアカエイの意)。
  • このモデルはその名の通りルーフが開くようになっているのだが、本シリーズでは再現された事はない。

  • カラーバリエーション:Fathom Green Metallic,Le Mans Blue Metallic,Riverside Gold Metallic,Daytona Yellow,Monaco Orange,Monza Red,Burgundy Metallic,Tuxedo Black,Cortez Silver Metallic,Can-Am White



リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-12-30 (日) 16:18:35 (204d)