Top > MR2 1600 G '86
分類性能
メーカートヨタ総排気量1,587ccPP353
国籍日本最高出力130PS/6,600rpm全長3,925mm
カテゴリノーマルカー/2ドアクーペ最大トルク15.2kgfm/5,200rpm全幅1,665mm
モデル簡易駆動形式MR全高1,250mm
ギャラリー非対応吸気形式NA車両重量1,120kg/46:54
内装簡易PWR8.68kg/PSTM5速
入手方法カスタム/チューン制限
ディーラーCr.1,691,000カスタムペイント:可、ホイール交換:可、エアロ装着:可
プレゼント---チューン---
+  ←カラーバリエーションを表示

  • 1983年の東京モーターショーで発表されたSV-3の市販版として同年6月に発売された国産初のMR車、MR2。
    車名は「Midship Runabout 2-seater」の略称で、車体後部にE80系カローラのパワートレインを搭載する。
    MR2専用の改良こそされているが、この方式により量産する為の生産性の向上とコストダウンを達成した。
  • トヨタはMR2をスポーツカーと呼ばず、あくまでも「スペシャリティカー」「スポーティカー」と呼んだ。
    一方で内外装のスポーツ色は強く、1986年の後期型ではスーパーチャージャーモデルが追加されている。
  • 開発時には、欧州のニュルブルクリンク北コースや北米のウィロースプリングス等で走行テストを実施。
    その際にロータス社との繋がりが生まれ、同社の実験部長であったダン・ガーニーが参加・助言を与えた。
    彼は本車の素性を知り、各性能を突き詰めるよう進言したが、トヨタ車という事でその進言は却下された。
    ただ市販車も軽い車重や短いホイールベースにより、クセはあるが廉価で速いスポーツカーと好評を得た。
  • MR2は1984年に日本カー・オブ・ザ・イヤー、翌年に北米カー・オブ・ザ・イヤーを受賞する快挙を達成。
    スペシャリティカーとスポーツカーの両方でヒットしたMR2は、1989年10月に2代目のSW20型となった。



リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2024-05-25 (土) 14:06:51 (30d)