Top > FTO GPX '94
分類性能
メーカー三菱総排気量1,998ccPP400
国籍日本最高出力200PS/7,500rpm全長4,320mm
カテゴリノーマルカー/スポーツカー最大トルク20.3kgfm/6,000rpm全幅1,735mm
モデル簡易駆動形式FF全高1,300mm
ギャラリー非対応吸気形式NA車両重量1,170kg/59:41
内装簡易PWR5.85kg/PSTM5速
入手方法カスタム/チューン制限
ディーラーCr.2,287,000カスタムペイント:可、ホイール交換:可、エアロ装着:可
プレゼント---チューンカーボンボンネットの装着が可能
+  ←カラーバリエーションを表示

FTO GPX 94.jpg

  • 1970年代に販売されていた「ギャランクーペFTO」の名前を継承し、1994年10月に登場した2ドアFFスポーツクーペ。
    車名は「Fresh Touring Origination」を意味し、当時の三菱車には珍しく曲線で構成された欧州車風デザインを採用。
    プラットフォームは同社のランサーとミラージュの2ドアクーペがベースで、それらの上級版という立ち位置も兼ねた。
  • 搭載エンジンは1.8L直4の4G93型と2LV6の6A12型で、最高出力はそれぞれ125PS、170PS(可変バルブ機構MIVEC付は200PS)。
    グレードは4G93型搭載のベースモデル「GS」、6A12型搭載のスポーツモデル「GR」、スパルタンモデル「GPX」の3種類。
    トランスミッションは5速か4速のマニュアルモード&学習機能付きAT「INVECS-II」がメインとされ、5速MTも設定された。
  • 2000年7月には新たな側面衝突安全基準に適合させると採算が取れないとして、GTOと共に後継車が無いまま生産を終了。

+  モータースポーツでの活動



リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-05-27 (水) 22:02:47 (2d)