Top > インテグラ TYPE R (DC2) '95
分類性能
メーカーホンダ総排気量1,797ccPP407
国籍日本最高出力200PS/8,000rpm全長4,380mm
カテゴリノーマルカー/スポーツカー最大トルク18.5kgfm/7,500rpm全幅1,695mm
モデル簡易駆動形式FF全高1,320mm
ギャラリー非対応吸気形式NA車両重量1,060kg/63:37
内装簡易PWR5.30kg/PSTM5速
入手方法カスタム/チューン制限
ディーラーCr.2,228,000カスタムペイント:可、ホイール交換:可、エアロ装着:可
プレゼント---チューン---
+  ←カラーバリエーションを表示

  • 3代目インテグラが1995年にマイナーチェンジされたと同時に追加グレードとして登場したタイプRは、NSXタイプRの走行性能に憧れながらも手が出なかったユーザーにとって待望のモデルとなった。
    ボディタイプは3ドアハッチバックと4ドアハードトップの2種類である。
    なお、北米アキュラブランドにおいてリリースされたタイプRはベースモデル前期型(丸目4灯ヘッドライト)同様の外装となっている。
  • タイプR登場までのスポーツグレードであったSi VTECをベースに、B18C型エンジンは職人の手作業による吸排気ポート研磨、エンジンの摺動部品の重量バランスの全体的な均一化などの専用チューニングが施され、最高出力は200psを発生。カムカバーに施された赤の結晶塗装が特別なエンジンであることを示していた。
    トランスミッションはクロスレシオ化された5速MTのみで、トラクション性能向上のためヘリカルLSDが標準装備された。
    サスペンションは前後ダブルウィッシュボーン式で、専用デザインの15インチアルミホイールが標準装備された。
    ハブが4穴であることが初期型を見分けるポイントの一つである*1
  • 外装については大型リアスポイラーをはじめとした専用のエアロパーツに身を固め、内装は、タイプRならではの赤を基調としたものと黒色の内装が選択可能であったが、赤色の内装は3ドアのみの特権であった(つまり4ドアは黒色のみとなる)。
    また、高回転型エンジンならではの装備としてフルスケール10,000rpmのタコメーターを備えたイエロー指針のメータ群を備え、視認性が高いメーターとしていた。
    さらに、NSXタイプR同様にレカロ製バケットシートを標準装備(色は内装色に準ずる)、シフトノブはチタン製、SRSエアバック非装着車両にはモモ製ステアリングも装備されていた。
    逆に、標準状態では軽量化のため快適装備の多くが省かれており、非常にスパルタンな仕様であった。
  • その走行性能はカミソリと称されるほどFF車とは思えないほど旋回性能が非常に高かったのが特徴で、腕に覚えのあるドライバーならクルマをねじ伏せる面白さ、乗りこなす悦びとなってスポーツファンを魅了した。
    逆に、ビギナーが下手に扱うと事故を多発したほど乗り手を選ぶクルマでもあった。
    後々考えてみると、一昔前のFF車らしい、「フロントが接地していればリアは付いてくるだけでいい」というレベルの強オーバーステアなセッティングとなっている。そのため鈴鹿の130Rで横を向くレベルだったらしく、前出の大型ウィングはこれに対処するための物である。
  • 1998年にマイナーチェンジを受け後期型に進化した後、2001年にインテグラがフルモデルチェンジをした際に生産終了となっているが、上記のとおり本モデル(特に前期型タイプR)独自の魅力は現代に至るまで失われることはない。

+  余談



*1 後期型から5穴ハブになった

リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-06-04 (火) 21:58:47 (78d)