Top > 206 S16 '99
分類性能
メーカープジョー総排気量1,997ccPP369
国籍フランス最高出力140PS/5,800rpm全長3,835mm
カテゴリノーマルカー/3ドアハッチバック最大トルク18.7kgfm/4,000rpm全幅1,652mm
モデル簡易駆動形式FF全高1,432mm
ギャラリー非対応吸気形式NA車両重量1,080kg/62:38
内装簡易PWR7.76kg/PSTM5速
入手方法カスタム/チューン制限
ディーラーCr.2,307,000カスタムペイント:可、ホイール交換:可、エアロ装着:可
プレゼント---チューン---
+  ←カラーバリエーションを表示

  • 約15年間生産された205の後継として、1998年5月に登場したプジョーのBセグメントハッチバック、206。
    各国のライバル車に対抗すべく、スタイリッシュでオシャレなデザインを採用し、各国で高い人気を得た。
    エンジンは直4・排気量は1L〜2Lと豊富で、グレードも量販モデルやスポーティな『S16』まで設定された。
  • S16のSはフランス語で弁・バルブを意味する『Soupape』であり、16バルブエンジン搭載車を意味する。
    最高出力は通常グレードから約+50PSとなる140PSを達成、3ドアボディと5速MTが組み合わせられている。
    内外装にはS16専用の15インチホイールや強化サスペンション・ブレーキ、ハーフレザーシート等を採用。
    「猫足」と称される独特な乗り味の評価も高く、後に他のボディタイプにもS16は設定・正規輸入された。
  • 2003年にマイナーチェンジし、外装や装備の小変更、S16を進化させたスパルタンモデル『RC』を追加。
    2006年4月には後継車種の207が欧州で登場し、以降は日本を含む先進国では207への切り替えが進んだ。
  • モータースポーツでは1999年〜2003年にWRCに参戦。小型ボディを活かし2000年以降は3連覇を達成した。

+  派生モデルの解説




リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-07-23 (木) 22:25:47 (11d)