Top > コルト 1.5 スポーツ X バージョン '02
分類性能
メーカー三菱総排気量1,468ccPP323
国籍日本最高出力98PS/6,000rpm全長3,870mm
カテゴリノーマルカー/5ドアハッチバック最大トルク13.5kgfm/4,250rpm全幅1,680mm
モデル簡易駆動形式FF全高1,550mm
ギャラリー非対応吸気形式NA車両重量1,030kg/61:39
内装簡易PWR10.40kg/PSTMCVT
入手方法カスタム/チューン制限
ディーラーCr.1,495,000カスタムペイント:可、ホイール交換:可、エアロ装着:可
プレゼント---チューン---
+  ←カラーバリエーションを表示

コルト.jpg

  • 三菱自動車とダイムラークライスラーの共同開発により誕生し、2002年11月に発売されたコンパクトカー。
    2001年の東京モーターショーに出品されたコンセプトカーの「CZ2」と「CZ-3ターマック」の市販版にあたる。
    車名の「コルト」は、1960年代の乗用車や初代ギャラン、6代目を除くミラージュの輸出名等に使われていた。
  • 内外装は穏やかな曲線主体で、フロントフェイスにはオリビエ・ブーレイ氏による「富士山型グリル」を採用。
    日本では5ドアのみであったが、ヨーロッパでは3ドアもあり、2ドアカブリオレの「CZC」なるものも存在した。
    その独特な顔つきは日本では賛否が分かれ、2004年に日本仕様のみスッキリとした顔つきへと変更されている。
  • 搭載エンジンは初代ランサーで初採用された直4の4G1型エンジンの最終進化系で、DOHCの1.3Lと1.5Lを設定。
    収録された「1.5 スポーツ X バージョン」は1.5Lエンジンを搭載した最上級かつスポーティなモデルにあたる。
  • 当初は月売7000台を予定していたが、ライバルのフィットが2002年年間販売台数1位を記録する等して苦戦。
    三菱もそれに対抗しエンジンの刷新、1.5L+ターボのスポーツモデル「RALLIART」追加等の改良を行い続けた。
    当時の三菱を支えたコルトだが、2012年に後継車種の6代目ミラージュが登場した為、翌年に販売を終了した。
  • なお、本車はスタンダードモデルの中でも、特にクオリティが高い車両の内の1台である。
    また、他のスタンダードモデルと違ってダッシュボードが再現されている(内装視点に変化はない)。




リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-06-09 (火) 23:00:53 (55d)