Top > フィット W '01
分類性能
メーカーホンダ総排気量1,339ccPP328
国籍日本最高出力86PS/5,700rpm全長3,830mm
カテゴリノーマルカー/5ドアハッチバック最大トルク12.1kgfm/2,800rpm全幅1,675mm
モデル簡易駆動形式FF全高1,525mm
ギャラリー非対応吸気形式NA車両重量990kg/62:38
内装簡易PWR9.90kg/PSTMCVT
入手方法カスタム/チューン制限
ディーラーCr.1,260,000カスタムペイント:可、ホイール交換:可、エアロ装着:可
プレゼント---チューン---
+  ←カラーバリエーションを表示

フィットW.jpg

  • 本車はロゴの後継モデルとして2001年6月21日に登場。欧州や南アジア等ではジャズの名で販売された。
    価格・広い室内空間・燃費を高次元で良質させたモデルとして大ヒットし、2002年には国内の車名別年間販売台数1位になるほどであった。
    これは、33年間トップを守り続けたトヨタ カローラ(複数モデル合算)を単一車種で引き摺り下ろすという驚くべき事態で、まさに快挙といってよい。
    なお、発売当初の燃費は10・15モードで23.0km/Lである。
  • グローバルスモールプラットフォームと呼ばれる新型プラットフォームの特徴は前席下部に燃料タンクを搭載していることから、CM等ではセンタータンクレイアウトと呼ばれていた。
    センタータンクレイアウトを採用したことで、後部座席を収納すると従来モデルの実に1.7倍にも及ぶ広大な荷室を確保することができ、使い勝手のよい車、というイメージを確立し、高い人気を得ることに成功した。
    このセンタータンクレイアウトは、モビリオ、モビリオスパイク、2代目インサイト等にも採用された。
  • 当初は1.3リッターエンジンのみの採用であったが、後年、1.5リッターエンジンが追加されている。
    見た目の違いとして、車体後部に取り付けた「Fit」ロゴの「i」の上の点部の色が異なり、1.3Lモデルは、1.5Lモデルはと区別されている。よって、本車は1.3Lモデルと判断できる。
  • 2007年10月26日に、2代目へフルモデルチェンジして販売している。
  • なお、本車はスタンダードモデルの中でも、特にクオリティが高い車両の内の1台である。




リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-03-18 (月) 19:42:00 (1d)