Top > エリーゼ '96
分類性能
メーカーロータス総排気量1,796ccPP408
国籍イギリス最高出力120PS/5,500rpm全長3,726mm
カテゴリノーマルカー/オープンスポーツカー最大トルク16.8kgfm/3,000rpm全幅1,701mm
モデル高品質駆動形式MR全高1,148mm
ギャラリー対応吸気形式NA車両重量755kg/42:58
内装再現PWR6.29kg/PSTM5速
入手方法カスタム/チューン制限
ディーラーCr.3,760,000カスタムペイント:可、ホイール交換:可、エアロ装着:可
プレゼント---チューン
+  ←カラーバリエーションを表示

エリーゼ.jpg
  • ↓走行時にハードトップ化
エリーゼT.jpg

  • 当時倒産の危機に瀕していたロータスが、社運を賭けて開発したロードスタータイプのスポーツカー。
    1995年のフランクフルトショーでプロトタイプが公開され、翌1996年から市販モデルの販売が開始された。
    ロータス伝統の「E」から始まる車名は、当時のロータス株主であったロマーノ・アルティオーリ氏の孫娘「エリーザ」に由来している。
    収録モデルはシリーズ1(S1)と呼ばれる最初期型であり、ジュリアン・トムソン氏による丸みを帯びたファニーフェイスが特徴。
  • エリーゼはシンプルなデザインの良さも話題となったが、中でも最も注目すべき点が「車体の軽さ」である。
    これは主に、押し出し成形アルミ部材を、航空機などにも使われるエポキシ系接着剤で組み立てた軽量・高剛性のモノコックフレームによって実現している。
    加えて、エアコンやオーディオ等の快適装備はおろか、パワーウィンドウに至るまで徹底して無駄を省略、更に外装には軽量の繊維強化プラスチックを惜しみなく採用した。
    結果、標準モデルが690kg、快適装備を装着した状態でも約900kgという驚くべき軽量さを実現。これは現在の軽自動車よりも軽い。
  • 車体の設計においても、F1コンストラクターとしても活躍した技術が随所に散りばめられ、ハンドリング面で非常に高い評価を得た。
    搭載エンジンはローバー製直4DOHCエンジン(18K型)で、最高出力僅か118PSながら軽量な車体ゆえエリーゼに高い運動性能を与える事となり、ライトウェイトスポーツカーのお手本的な完成度となった。
  • 本作における重量配分が現実のもの(39:62)と異なっている。これはエリーゼのフェイズIIも同じ。
    これは他の収録車両にも言える事だが、実際に計測した結果なのか、ゲーム的な処置なのか、単純なミスなのか、真相は不明である。

+  余談




リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-04-22 (水) 23:21:59 (1642d)