Top > 日産 スカイライン GTS-t Type M (R32) '89
  • 総排気量:1998cc
  • 最高出力:215ps(226ps)/6400rpm(6400rpm)
  • 最大トルク:27.00kgfm(28kgfm)/3200rpm(3200rpm)
  • 駆動形式:FR
  • 全長:4530mm
  • 全幅:1695mm
  • 全高:1325mm
  • 車両重量:1260kg
  • 重量バランス:55対45
  • 価格:Cr.2,273,700(走行距離9333km)
  • Lv:2
  • PP:406(415)
  • 備考:()内の数値はリフレッシュ・OHした際のもの
  • 備考:トランスミッションは5速

32m\'89-f-縮小済み.jpg
32m\'89-r-縮小済み.jpg
  • スカイライン史上最後の5ナンバー車(除くGT-R他)。
  • R32GT-Rと比べるとさすがに非力さは目立つが、程よい出力の6気筒ターボ、FRゆえの軽快感、さらに当時日産が推し進めていた"901運動(1990年代までに技術の世界一を目指す車作りを目標とした運動)"の中で生まれた高剛性シャシー、と走りの楽しさではGT-Rに勝るとも劣らない。
  • R33R34のベースモデルが端折られてきた中、何故か唯一収録され続けている。なんとGT5の時点でナンバリングタイトル皆勤賞、である。
  • ただし、この車のデザインは'89年モデルのものではなくマイチェン後の'91年モデルのものである。実際の'89年モデルはフロントマスクなどのデザインが違う。
  • この下級グレードにCA18i搭載のGXiというのがあり、そちらのエンジンマウントを流用することでSR20DETを搭載する事が出来た。4気筒ゆえのガサツなフィーリングは残るが、フロントの軽量化による軽快さを引き上げる事が可能。R33以降4気筒エンジンを積むのが難しくなっているため、R32の特権といえる。
  • 逆に6気筒のままで行くならRB26…と言いたいが、これは給気側を全交換となるので、RB25DETへのスワップが割とお手軽。RB20の苦手な低回転域を、+500ccの余裕がカバーしてくれる。RB20をベースに2300ccまで排気量アップするよりも安く付く。

  • カラーバリエーション:
    Jet Silver Metallic,Light Blue Metallic,Gray Metallic,
    Dark Blue Pearl,Red Pearl Metallic,Crystal White,Black Pearl



リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-05-16 (火) 17:28:23 (1114d)