Top > ルノースポール メガーヌ ルノー・スポール '08
  • 総排気量:1998cc
  • 最高出力:224ps/5500rpm
  • 最大トルク:30.60kgfm/3000rpm
  • 駆動形式:FF
  • 全長:4235mm
  • 全幅:1775mm
  • 全高:1450mm
  • 車両重量:1400kg
  • 重量バランス:63対37
  • 価格:Cr.4,100,000
  • Lv:2
  • PP:414
  • 備考:エアロパーツ装着不可
  • 備考:トランスミッションは6速
  • 備考:アップデート(時期不明)でボディの影が正常に映らなくなったが*1ver.2.10で正常に影が映るよう修正された

Megane-1.jpg
Megane-2.jpg
  • 2代目メガーヌをベースにルノースポールがチューンした高性能モデルである。ルノースポールを略してメガーヌRSと呼ばれることもある。
    ルノースポールはルノーグループの子会社だが、開発はディエップにあるルノースポール本社で行われる。そのためか「ベース車とは違うメーカーで作られたかのように乗り味が違う」と評価されることが多い。
  • 2.0LのDOHCターボエンジンは224psを発揮し、それに合わせてサスペンションや外観、内装などがモデファイされている。
    日本では左ハンドルの3ドアと右ハンドルの5ドアが導入され、組み合わされるトランスミッションは6MTのみである。
  • 派生バージョンとしてメガーヌR26.Rという限定モデルがあり、末尾のRはRADICALE(ラジカル、究極)を意味している。
    最高出力をRSから6ps向上させ、後席の除去やカーボン部品の採用による徹底した軽量化などにより123kg減量。ニュルブルクリンクを8分17秒で周回し、FF最速の称号を得て稀代の名車と呼ばれることとなった。

  • カラーバリエーション:Ultra Blue,Deep Black,Ultra Red,Mercury


*1 映るのはホイールとドライバーの影のみ

リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-05-17 (水) 08:20:42 (823d)