Top > メルセデス・ベンツ ザウバー メルセデス C9 レースカー '89
  • 総排気量:4973cc
  • 最高出力:720ps(987ps)/7000rpm(7000rpm)
  • 最大トルク:80.00kgfm(109kgfm)/---rpm(6000rpm)
  • 駆動形式:MR
  • 全長:4700mm
  • 全幅:1980mm
  • 全高:1050mm
  • 車両重量:893kg
  • 重量バランス:49対51
  • 価格:Cr.515,654,400(走行距離7232km)
  • Lv:23
  • PP:721(728)
  • 備考:トランスミッションは5速
  • 備考:()内の数値はリフレッシュ・OHした際のもの

SAUBER-C9-89-1.jpg
SAUBER-C9-89-2.jpg
  • 93年から現在までF1コンストラクターとして活躍しているザウバーが、F1以前に参戦していたWSPCにおいて、メルセデスと共に製作・使用したグループCカー。
    • ちなみにザウバーのレーシングカーは初代から現在のF1に至るまで一貫して*1C○○という名称を使っているが、これはチームオーナーであるペーター・ザウバー氏の愛妻クリスティーヌ氏のイニシャルより取られている。
  • メルセデスとのパートナーシップは85年に始まり、C8と呼ばれるマシンで85年、翌86年を戦った。本マシンはその発展型で、87年のWSPCシリーズ第4戦・シルバーストンでデビューした。
    • C8は、ザウバーがBMWとパートナーシップを結んでいた時期に製作されたC7と基本構造は同一で、エンジンだけをメルセデス製に換装。
      1955年以来のメルセデス復活という意味で記念碑的なマシンであった。
  • 89年のLM24では61・62・63号車の3台体制で参加し、収録の63号車が見事優勝。ザウバーチーム史上初、メルセデスにとっては37年ぶりのLM24制覇であった。
    • ちなみに予選は61号車が2位、62号車が1位、そして63号車が11位を獲得し、決勝は上記の63号車が61号車との1-2フィニッシュを決め、62号車が5位で完走した。
    • 61号車はレース中に400km/hを記録し、今後絶対に破られないであろう記録として残った。
    • 優勝ドライバーの1人であるスタンレー・ディケンズはエンジンは強力、ハンドリングは高速コーナーでは良いが低速コーナーで神経質。乗り心地は振動が多く、そのためチームはマッサージ師を用意して、マシンを降りるたびにマッサージを受けていたと語っている。
  • 同年のWSPCにおいても、全8戦中7戦で優勝、チーム・ドライバー(ジャン=ルイ・シュレッサー)のダブルタイトル獲得という快挙を成し遂げた。
  • 翌年のWSPCは後継車両のC11にスイッチしたが、開幕戦鈴鹿のみ2号車をC9が務めた。
    • しかしその開幕戦、本命の1号車であるC11が予選でクラッシュしたために結局2台ともC9で出場することになった。急な出場の為に代理の1号車はグリッドでのガソリン漏れでピットスタートになる等完走さえも危ぶまれたが、終わってみれば1号車の優勝で見事1-2フィニッシュ。これが引退レースとなり、有終の美を飾った。
  • メルセデスの代名詞でもあり、本マシンのカラーリングでもある『シルバーアロー』であるが、マシンの塗装は85年から88年まではスポンサーカラー(イブ・サンローラン傘下のブランドである"クーロス"カラーを纏った他、AEGが精密機械関連の会社ということで、IDチップを模したカラーリングを纏ったことも)であり、シルバーアローの復活は89年まで待つことになった。
  • 『ザウバー』の名が冠された最後のグループCマシンであり、翌'90年からはザウバーの名が外れ、名実ともにメルセデスワークスとなる。
    ただ、チーム運営は引き続きザウバー氏が行っており、それは車両に掲げられたCのイニシャルからも明白である。
    • 両者はグループC終焉後ともにF1への道を歩むこととなる。



*1 2006-09年のBMW・ザウバー時代を除く

リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-01-14 (月) 10:38:42 (5d)