Top > ホンダ シティ ターボ II '83
  • 総排気量:1231cc
  • 最高出力:110ps(114ps)/5500rpm(5500rpm)
  • 最大トルク:16.30kgfm(16kgfm)/3000rpm(3000rpm)
  • 駆動形式:FF
  • 全長:3420mm
  • 全幅:1625mm
  • 全高:1470mm
  • 車両重量:735kg
  • 重量バランス:60対40
  • 価格:Cr.912,800(走行距離52529km)
  • Lv:0
  • PP:373(387)
  • プレゼントカー入手:B-Lv.17 レース・オブ・ターボ・スポーツをクリア
  • 備考:()内の数値はリフレッシュ・OHした際のもの
  • 備考:トランスミッションは5速
  • 備考:ボディペイントを施すと、ドア部分の「TURBO供廚諒源が消える

CityTurbo2-83-1.jpg
CityTurbo2-83-2.jpg
  • 1981年にホンダが発売したシティは、「トールボーイ」と呼ばれた背の高くユーモラスな外見が好評を博し、大ヒット車種となった。
  • 発売から1年後には、ターボ付の「シティターボ」が追加され、さらに1983年にインタークーラーターボを装着したターボ II(通称ブルドッグ)へと進化した。
  • 最高出力は110PSに達し、またエンジン回転数が4,000rpm以下の時にアクセルを全開にすると10秒間だけターボの過給圧が10%アップする「スクランブルブースト」と呼ばれる機能も付いていた(おそらくGT5内では実装されていない)。
  • 当時、シティターボIIのワンメイクレースである「シティブルドッグレース」が開催され人気を集めた。
    しかし、ハイグリップなレース用のタイヤを履くと、元々背の高い車だったこともあり、サイドに力がかかると転倒しやすいという特性もあった。
  • 1986年に2代目にフルモデルチェンジし、生産を終了。
    シティの名称は(国内においては)この2代目限りとなり、2代目シティの後継モデルは「ロゴ」と改称された。
    そして、その次世代モデルとして登場した初代フィットで大ヒットを記録することになるのである。
  • なお、海外にも輸出されたが、版権の事情で欧州では「ジャズ」と改称されており、後の海外版フィットが同名称を受け継いでいる。
  • シティにはほかにも、商用バンのシティプロや、イタリアのピニンファリーナがデザインを担当した、オープン仕様のカブリオレも設定された。
  • 海外では同名のセダンが1996年から販売されており、こちらは現在3代目となったモデルが今でも売られている
    • 日本でも過去に、2代目モデルがフィットアリアとして販売されていた。
  • 余談だが、本モデルのトランクスペースに収納できるよう設計された排気量50ccの折りたたみ可能な原動機付自転車「モトコンポ」も同時発売されていた。
    国内においては本モデルのように収納可能な2輪車を専用設計した例は他に殆どなく、特徴的である。

  • カラーバリエーション:Quartz Silver Metallic,Greek White,Tonic Blue Metallic



リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-05-18 (木) 18:14:20 (822d)