Top > フォルクスワーゲン ゴルフ I GTI '76
  • 総排気量:1588cc
  • 最高出力:110ps(115ps)/6100rpm(6000rpm)
  • 最大トルク:14.00kgfm(14kgfm)/5000rpm(5000rpm)
  • 駆動形式:FF
  • 全長:3705mm
  • 全幅:1630mm
  • 全高:1395mm
  • 車両重量:820kg
  • 重量バランス:60対40
  • 価格:Cr.1,441,500(走行距離7804km)
  • Lv:0
  • PP:359(367)
  • 備考:()内の数値はリフレッシュ・OHした際のもの
  • 備考:トランスミッションは5速

0025.jpg
0024.jpg
  • ビートルに続くフォルクスワーゲンの新たな大衆車として開発されたのがゴルフである。
    元々は設計をポルシェが担当する予定で、EA266という試作車まで作られたが、コストや操縦安定性などで問題が浮き彫りとなり
    最終的には殆どをフォルクスワーゲンが開発しグループ企業のアウディNSUアウトウニオンのエンジンを載せて1974年にゴルフが完成した。
    デザインはイタルデザインによるもので、イタルデザイン創業者のジョルジェット・ジウジアーロが担当した。
    • 車名の由来はスポーツのゴルフではなく、ドイツ語で「メキシコ湾流」という意味の「Der Golfstrom」(ゴルフシュトローム)から来ている。
  • GT5に収録されているモデルはホットハッチの「GTI」で、ゴルフの中でも大ヒットを記録した有名なモデルである。最高時速が180km/hに達したパフォーマンスが売りであった。
    ちなみに「ホットハッチ」という名前が広がったのも、このゴルフGTIの成功によるものでり、GTIはホットハッチの代名詞ともなっている。
  • 1983年にフルモデルチェンジが行われ2代目がデビューするが、カブリオレモデルのカブリオは継続生産され、2代目にはカブリオレの設定が無かったことから
    「クラシック」のサブネームを与えられつつ3代目が登場した後の1992年まで生産される長寿モデルとなった。
    ちなみに、フォルクスワーゲンオブ南アフリカで1984年にエントリーモデルとして販売を開始したシティゴルフはこの初代ゴルフそのもので、こちらは2009年まで生産された。
  • 初代ゴルフ全体の総生産台数は680万台だった。
    なお、ゴルフシリーズの車種別歴代総生産台数は1966年のトヨタ・カローラに次ぐ歴代2位である。

  • カラーバリエーション:Marsrot,Lhasa,Schwarz,Diamantsilber,Alpinweiss



リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-05-16 (火) 17:28:12 (824d)