Top > スバル クスコDUNLOPスバルインプレッサ '08
  • 総排気量:---cc
  • 最高出力:300ps(312ps)/---rpm(6500rpm)
  • 最大トルク:40.00kgfm(42kgfm)/---rpm(3500rpm)
  • 駆動形式:4WD(標準前後トルク配分=30:70 / 駆動力配分センターデフ標準搭載)
  • 全長:4465mm
  • 全幅:1840mm
  • 全高:---mm
  • 車両重量:1100kg(1100kg)
  • 重量バランス:53対47
  • 価格:Cr.50,000,000
  • Lv:13
  • PP:520
  • 備考:トランスミッションは6速

CUSCO-DUNLOP-1.jpg
CUSCO-DUNLOP-2.jpg
  • 2008年 第4戦 セパンでAWD車としてGT300史上初の優勝を成し遂げたマシンだ。
    (両クラス通じてのAWD車初優勝は94年開幕戦でのカルソニックスカイライン)
    またこのシーズンは2度3位表彰台を獲得し、シリーズランキング6位と大活躍だった。
  • 同年、このマシンはポール3回獲得してるが、それぞれアタックドライバー違うのが特徴だったりする。
    第4戦 セパンは山野哲也、第6戦 鈴鹿1000kmは佐々木孝太、最終戦 富士はカルロ・ヴァン・ダムだ。

  • 2009年シーズン序盤にはスバルのマシン参戦してなかったが、第6戦の鈴鹿700kmからR&D SPORTより新たにスバル・レガシィB4が参戦することになった。
    そして翌2010年シーズンの鈴鹿700km耐久で見事に優勝を果たした。このときのドライバーも山野哲也と佐々木孝太であった。
  • 2011年シーズンも山野哲也と佐々木孝太のコンビでレガシィB4で参戦、第5戦鈴鹿と第7戦オートポリスで優勝し、シリーズランキング4位を獲得した。
    翌2012年からレガシィB4の後継としてスバル・BRZで参戦した説。このBRZも2013年の第5戦鈴鹿1000kmで優勝を飾っている。
    ドライバーは山野哲也・佐々木孝太と第3ドライバーとして起用された井口卓人であった。




リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2021-02-14 (日) 12:48:05 (56d)