Top > ジェンセン インターセプター MkIII '74
  • 総排気量:7212cc
  • 最高出力:390ps(402ps)/4700rpm(5000rpm)
  • 最大トルク:67.70kgfm(69kgfm)/3200rpm(3000rpm)
  • 駆動形式:FR
  • 全長:4775mm
  • 全幅:1753mm
  • 全高:1346mm
  • 車両重量:1814kg
  • 重量バランス:51対49
  • 価格:Cr.5,139,100(走行距離78651km)
  • Lv:7
  • PP:456(471)
  • 備考:()内の数値はリフレッシュ・OHした際のもの
  • 備考:エアロパーツ装着不可
  • 備考:トランスミッションは3速

Intercepter74-1.jpg
Intercepter74-2.jpg
  • ジェンセンは1934年にコーチビルダーとして設立された会社である。
    そのジェンセンが1966年に発表した高級クーペが本車、インターセプターである。
  • この特異なボディーデザインは、イタリアのカロッツェリア・トゥーリングが担当。製造は、同じくイタリアのヴィニャーレ社が担当した。
    開口部の大きいガラスハッチを採用しているため、実用性も高かったらしい。
  • インターセプターに搭載されているエンジンはクライスラー製の6.3リッターV8エンジン。後に、7.2リッターのV8エンジンを搭載した。
    トランスミッションは4速MTと3速ATの2種類が用意されたが、GT5に収録されているモデルは3速なので、ATモデルと判別できる。
  • イギリス製乗用車としては最大の排気量を持つインターセプターだったが、オイルショックを機に売り上げは低迷してしまった。
    1974年にはコンバーチブルモデルが追加されたが、1976年にジェンセンが倒産したのと同時に生産終了となってしまった。
  • しかし、1988年にジェンセンが復活し、エンジンを変更して再生産された。
    この復刻版インターセプターは1993年まで生産された。
  • GT6で収録が確認できない車種のうちの1台である。

  • 以下余談
    • イギリスに、インターセプターのリファビッシュを行う工場がある。古くなったパーツは、復刻版と同等、もしくはそれ以上のパーツに交換されるようだ。
      ただし、イギリスでは改造車登録となる模様。
  • インターセプターは日本にも輸入されていた。価格は当時で980万円と割高だった。

  • カラーバリエーション:
    Brienz Blue,Royal Blue,Oakland Green,California Sage Metallic,
    Yellow,Mustard,Tangerine,Cerise,Claret,Brazilia,Black,
    Silver Grey Metallic,White,Fawn Metallic



リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-05-18 (木) 02:14:18 (209d)