Top > シャパラル 2D レースカー '67
  • 総排気量:5364cc
  • 最高出力:426ps(447ps)/6800rpm(7000rpm)
  • 最大トルク:52.50kgfm(55kgfm)/5200rpm(5000rpm)
  • 駆動形式:MR
  • 全長:4013mm
  • 全幅:1727mm
  • 全高:1003mm
  • 車両重量:771kg
  • 重量バランス:47対53
  • 価格:Cr.1,229,712,600(走行距離3246km)
  • Lv:21
  • PP:624(632)
  • 備考:トランスミッションは3速
  • 備考:()内の数値はリフレッシュ・OHした際のもの
  • 備考:レースカーだがホーンが装着されている(実車が公道を走ったためだと思われる)

Chaparral-2D67-1.jpg
Chaparral-2D67-2.jpg
  • シャパラル・カーズがWSC(スポーツカー世界選手権)に投入したFIA-グループ6規格のレースカー。
    ベースとなったのはシャパラルの処女作スポーツカー2Aである。
    ミッドシップに搭載されたエンジンはシボレー製6.3リッターV8エンジンであり、トランスミッションにもシボレー製のATが採用された。
  • '66年の世界選手権(その時のナンバーは収録車の#7)に投入されるも、序盤2戦不振だったシャパラルは3〜5戦を欠場してマシンを開発・熟成させ*1、第6戦ニュルブルクリンク1000kmで復帰、優勝している。
    この優勝はヨーロッパの主要イベントにおける1921年以来のアメリカ車の優勝であり、他チームを驚かせた。
    • ちなみに世界選手権参戦時、チーム代表は現地係員から「選手権はCan-Amとは違い将来市販が予定されているような公道を走れる車のレースだ」と相当イヤミな感じに言われた事があり、それが気に喰わなかったチーム代表は本拠地のあるテキサス州でナンバーを取得してしまい、この2Dで公道を本当に走った、という逸話が残っている。
  • '66年のルマンにも出場*2しているが、予選10番手を獲得するも残念ながら開始7時間過ぎにリタイアと言う結果(111LAP走破)に終わっている。
  • '67年には7リッターエンジンに変更されてCan-Am開幕2戦を新車2G*3までの繋ぎとして走っている。

  • 余談
    • この車の年式(ゲーム内表記は'67年式)だが、スタッフが間違えている可能性がある(多分'66年式が正しい)。'67年は7リッターエンジンを積みCan-Am開幕2戦のみしか走っていない模様。シャパラルは'67年もWSCを走っているが、新車2Fに切り替えている。



*1 この際に4灯ヘッドライトに変更、ルーフ上の吸気ボックスの追加等がされているので、収録車は改良以後の車体であろう。
*2 その時のナンバーは#9なので、収録車はWSC仕様だとわかる。
*3 ちなみに間の2Eと2Fも存在し、2Eは'66年Can-Amに、2Fは'67年のWSCにそれぞれ投入されている。

リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-03-26 (月) 21:49:08 (446d)