Top > シトロエン クサーラ ラリーカー '99
  • 総排気量:1998cc
  • 最高出力:299ps(314ps)/8500rpm(8500rpm)
  • 最大トルク:25.50kgfm(26kgfm)/7000rpm(7000rpm)
  • 駆動形式:FF
  • 全長:4167mm
  • 全幅:1855mm
  • 全高:1305mm
  • 車両重量:960kg
  • 重量バランス:51対49
  • 価格:Cr.14,469,400(走行距離7075km)
  • Lv:11
  • PP:488(497)
  • 備考:()内の数値はリフレッシュ・OHした際のもの
  • 備考:トランスミッションは6速
  • 備考:ナイトステージを走行すると、ヘッドライトは点灯するがテールランプは点灯しない

  • ↓ゼッケン上部の広告がポリフォニーデジタルのものに変更されている。
CITROEN-99-1.jpg
CITROEN-99-2.jpg
  • 1999年の世界ラリー選手権第5戦カタルニア、第6戦ツール・ド・コルスにおいて、下位クラスのF2キットカーでありながら、一日雨天をはさみながら3位以下に1分以上の差をつけての1・2フィニッシュで総合優勝を果たしたマシン。
    ドライバーはフィリップ・ブガルスキー。
    …のはずだが、カーナンバー#17は'98年カタルーニャ出場時(5位)のもので、続くコルシカでは#9を、翌'99年のカタルーニャ/コルシカの優勝時は共に#16を着けていた。プレートも正しくは20BJM92、17BJM92、22BJM92である。
  • 当時のF2キットカーはWRカーやGr.Aに比べて車体やエンジンの改造範囲が広く、さらにTCSなどの電子デバイスも搭載しており、ターマックラリーでは上位クラスを上回る速さを見せつけた。
    この状況を危惧したFIAは、翌年のF2キットカーのレギュレーションを大幅に見直したほどであった。



リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-07-30 (火) 18:32:49 (84d)