Top > アルファロメオ ジュリア TZ2 carrozzata da ZAGATO CN.AR750106 '65
  • 総排気量:1570cc
  • 最高出力:172ps/7500rpm
  • 最大トルク:---kgfm/---rpm
  • 駆動形式:FR
  • 全長:3680mm
  • 全幅:1600mm
  • 全高:1020mm
  • 車両重量:620kg
  • 重量バランス:55対45
  • 価格:Cr.1,000,000,000
  • Lv:11
  • PP:494
  • プレゼントカー入手:B-Lv.16 ヒストリック・レーシングカー・カップをクリア
  • 備考:トランスミッションは5速
  • 備考:レーシングカーだがボディペイント・ホイール交換が可能
  • 備考:ダート走行不可
  • 備考:ボディペイントを施すと左フロントフェンダーの黄色に塗装されている部分まで塗装される

alfaromeo-TZ2-1.jpg
alfaromeo-TZ2-2.jpg
  • レース用モデルであるTZ2は、アルファロメオがTZの進化系マシンとして1965年に誕生した。
    ちなみにTZは「Tubolare Zagato」の略。名前の通り本車のデザインはザガートが担当した。
  • この車はたった12台しか生産されていない貴重な車両である(そのうち2台はショー専用車両)。
  • ル・マンには65年に41〜43番の計3台が出場している。
    同じカテゴリーのレースカーはミッドシップエンジン車が主流になっており、FR駆動のTZ2はなかなか勝てなかったようだ。
  • なお、収録モデルの本車は、2009年の「ペブルビーチ・コンクール・デレガンス」での「グランツーリスモ・アワード」受賞車であり、シャーシナンバーから推測すると65年のタルガ・フローリオ参加車がモデルだと思われる。
    公道ラリーイベントなので、それに合わせちゃんとナンバーが取得できるようになっている。
  • 余談だが、GT5での本車の名称はGT5収録車種中一番長い。
    「アルファロメオ ジュリア TZ2 carrozzata da ZAGATO CN.AR750106 '65 (ペブルビーチ・コンクール・ド・エレガンス グランツーリスモ・トロフィー 2009)




リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-01-14 (月) 13:36:12 (5d)