Top > アルピーヌ A110 1600S '73
  • 総排気量:1605cc
  • 最高出力:140ps(147ps)/6000rpm(6500rpm)
  • 最大トルク:---kgfm(16kgfm)/---rpm(5000rpm)
  • 駆動形式:RR
  • 全長:3850mm
  • 全幅:1520mm
  • 全高:1130mm
  • 車両重量:715kg
  • 重量バランス:50対50
  • 価格:Cr.5,755,600(走行距離8783km)
  • Lv:2
  • PP:405
  • プレゼントカー入手:B-Lv.7 全仏選手権をクリア
  • 備考:()内の数値はリフレッシュ・OHした際のもの
  • 備考:トランスミッションは5速

A110-1600S-73-1.jpg
A110-1600S-73-2.jpg
  • アルピーヌが1973年にルノー傘下となるその前から販売していた車両。
  • このクルマの最大の武器は車重で、バックボーンシャシーとFRP製ボディの組み合わせにより僅か700kg前後という軽量さを実現した。
    この重量により、当時のラリー界を席巻、数々のラリーで優勝を収め、1973年にスタートしたWRCの初代チャンピオンにもなった。
    このラリーでの成功が当時のライバル・ポルシェを刺激し、911に更なる進化を加速させたのは有名な逸話。
  • 1977年に本車は生産を終了、アルピーヌというブランドも1995年に途絶えたが(アルピーヌ社自体は存続)、2017年にアルピーヌはブランドを復活させ、新型A110を発売した。
  • GT5収録のモデル「1600S」は1972年に登場したモデルで、ルノー16TS(GT5未収録)のエンジンを搭載し最高出力は140PSに達する。
  • そして時は過ぎ2016(平成28)年2月16日、アルピーヌは「アルピーヌ・ビジョン」を発表した。
    そして2017(平成29)年12月14日、「アルピーヌ・A110」としてフランスの工場で生産し、その生産第一車がラインオフした。約40年の歳月を経て、A110は現代の技術を得て復活したのである。
    現地価格は、5万8000ユーロ(日本円で約790万円)。

  • カラーバリエーション:Bleu Alpine



リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-12-09 (日) 10:42:15 (1d)