Top > アキュラ アキュラ NSX RM '91
  • 総排気量:---cc(2977cc)
  • 最高出力:---ps(298ps)/---rpm(7300rpm)
  • 最大トルク:--.--kgfm(30kgfm)/---rpm(5800rpm)
  • 駆動形式:---(MR)
  • 全長:---mm
  • 全幅:---mm
  • 全高:---mm
  • 車両重量:---kg(1045kg)
  • 重量バランス:45対55
  • 価格:Cr.8,000,000+20,500,000
  • ベース車両:アキュラ NSX '91
  • Lv:---
  • PP:---(495)
  • 備考:トランスミッションは5速
  • 備考:ホイール交換不可
  • 備考:ゼッケン変更可能
  • 備考:Ver.2.00より前にRMした物は車名が「アキュラ NSX '91」のまま
  • 備考:Ver.2.06からエンジン音が変更された

ACURA-NSXRM91-1.jpg
ACURA-NSXRM91-2.jpg
  • アキュラ NSX '91にポリフォニーデジタルがレーシングモディファイを施した車両。
  • 外見的な特徴が、1995〜96年のル・マン24時間レースのGT2クラスに参戦したマシンに良く似ている。アキュラロゴをホンダロゴへの張り替え、カストロールの文字の位置等、かなりの力の入れっぷりである。
  • おまけにベース車両が米国仕様なのでインテリアもル・マン参戦車両と同様に左ハンドル仕様。もしかするとポリフォ二ーは最初からこれを狙い、敢えてアキュラのNSXをプレミアム化した…のかもしれない。
    • ゼッケン番号を84(種類は2)にし、本体を赤、ホイールを黒で塗装すれば本物に限りなく近い外観にする事が可能。
      ただし、1995年にGT2クラス優勝を飾った84号車のタイヤはヨコハマ。1995年GT1を走った46、47号車がダンロップ(ちなみにホイールは47号車のみ金色)を装着している*1
    • また、ゼッケン番号を47、本体を赤、ホイールを金色で塗装すれば初代GTで収録されたGT1ターボ仕様のNSXに近くできる(ただし、ターボが付けられない、ライトの形状が違うなどの相違点はあるが)。
      • これらすべてを考慮すると唯一マトモに再現できそうなのは1995年にLM-GT1で走った46号車のみ(NAエンジン+タイヤ銘柄がダンロップ)…となりそうなのだが、46号車には「カストロール」のロゴは無い…なんとも苦い現実である。



*1 ちなみに不慮の事故(ピットロード走行中に飛び出してきたオフィシャルを避けた際にクラッシュ…)で予備予選落ちとなった中嶋企画の85号車はブリヂストン。1994年は46、48号車がダンロップ、47号車がヨコハマを使用。1996年は一台体制でヨコハマ。

リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-05-16 (火) 23:20:48 (912d)