Top > アウディ TT クーペ 3.2 クワトロ '03
  • 総排気量:3189cc
  • 最高出力:250ps/6300rpm
  • 最大トルク:32.70kgfm/2800-3200rpm
  • 駆動形式:4WD (標準前後トルク配分=40:60)
  • 全長:4041mm
  • 全幅:1764mm
  • 全高:1345mm
  • 車両重量:1520kg
  • 重量バランス:56対44
  • 価格:Cr.5,774,000
  • Lv:2
  • PP:421
  • 備考:トランスミッションは6速

AudiTT-Coupe3-2-quattro1.jpg
AudiTT-Coupe3-2-quattro2.jpg
  • 1995年のフランクフルト・モーターショーにて発表されたTT デザイン・スタディ・モデル。そのデザインをそのまま市販車に落とし込んで1998年に製品化したのが本車である。
    「コンセプトカーのデザインを量販車に」という製品化過程を持つ車両にありがちな事だが、室内空間等は犠牲にされている。
  • プラットフォームはA3やフォルクスワーゲン・ゴルフ(4代目)等と共通である。
    1.8L直列4気筒ターボエンジンを搭載した車両がベーシックモデルという位置付けで、AWDとFFが選択可能だった。
    FF車両はAWD車両よりエンジンがローパワー化されていた他、リアサスペンションもAWD車両と異なる。
    この3.2 クワトロは、ゴルフ R32S3等にも搭載される3.2L VR6エンジンを搭載し、DSGと呼ばれるセミATを組み合わせたTTの最上級グレードである。
  • そのデザイン故にリフト量が多く、超高速域(180km/h以上)における走行安定性の低さから、発売当初は横転事故が発生していた。
    このため急遽リアスポイラーの追加や、サスペンションの設計変更等といった改良・改善が行われた。
    ただリアスポイラー追加については、デザイン先行という事もあり、メインデザイナーが頑なに「フォルムが崩れる」と嫌がったという。
  • 派生モデルの解説
  • TTロードスター
    クーペと基本構造を共有したオープン仕様。
  • 1.8T クワトロ Sport
    3.2Lモデルの発売後にカタログ落ちしていた1.8L AWDモデルをベースに、チューンド仕様のエンジンを搭載するなどした限定生産モデル。

  • カラーバリエーション:
    Brilliant Red,Papaya Orange,Citrus Yellow,Almond Beige Metallic,
    Silver Violet Metallic,Silver Metallic,Glacier Blue Pearl Effect,
    Dolomitie Grey Pearl Effect,Elder Berry Pearl Effect,Berry Pearl Effect,
    Moro Blue Pearl Effect,Mauritius Blue Pearl Effect,Sprint Blue Pearl Effect,
    Murano Green Pearl Effect,Goodwood Green Pearl Effect,Venetian Violet Pearl Effect,
    Cherry Black Pearl Effect,Ebony Black Pearl Effect,Brilliant Black


リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-04-28 (日) 11:17:24 (28d)