Top > R8 レースカー '01
分類性能
メーカーアウディ総排気量3,596ccPP679
国籍ドイツ最高出力608PS/7,200rpm
(794PS/7,000rpm)
全長4,650mm
カテゴリプロトタイプレーシングカー/ACO-LMP900*1最大トルク71.4kgfm/6,500rpm
(92.8kgfm/4,500rpm)
全幅2,000mm
モデル簡易駆動形式MR全高1,080mm
ギャラリー非対応吸気形式TB車両重量900kg/49:51
内装再現PWR1.13kg/PSTM6速
入手方法カスタム/チューン制限
ディーラーCr.192,500,000カスタムペイント:不可、ホイール交換:不可、エアロ装着:不可
プレゼント---チューンターボキットのみ可
+  ←カラーバリエーションを表示

  • オープンプロトのR8RとクローズドプロトのR8Cが1999年のアメリカン・ルマン・シリーズとル・マン24時間レースに向けて投入された。
    実はこの両車、エンジンが同じというだけでモノコックはまるで別物だったりする。
    ぶっちゃけるとR8Cの方は間に合わせで、重要視されていなかったとのこと。
  • 前年まではポルシェの別働隊としてLMPカーを走らせていた名チーム、チームヨーストと契約した1999年のル・マンでは、マシンとしては初参戦なのにも関わらず8号車のR8Rが総合3位に入るという結果を残した。
  • 好感触を覚えたアウディはそこからレギュレーション上有利と踏んだR8Rの改良に力を入れ、2000〜2002年のル・マンではアウディワークスが3連覇するという快挙を成し遂げた。
    ワークス撤退後の2003年もプライベーターに託されたR8を3-4位に送り込みつつ、昨年までR8を走らせていたチームヨーストが操る、実質的にはアウディワークスであるベントレー Speed 8が優勝。チームヨーストがDTMに専念するため、本当の意味でワークス不在となった2004年と2005年もプライベーターの手によって連覇するなど、長い間LMPクラスを牛耳った。
  • 収録モデルのR8は、2001年のル・マンで1号車と2号車でワンツーフィニッシュを飾ったものである。
    そのためか、カラーバリエーションという形で1号車と2号車の両方が収録されている。
    この年度からエンジンが直噴、アウディ流に言うとTFSIエンジンへと切り替わった。ルマン終了までは伏せられていたが、その後に公開されている。
  • 非常に悪く言えば枯れた、良く言えばコンベンショナルなマシンであり、R10のように他を引き離すような技術を持っているわけでも無いこのマシンがどうしてここまで勝てたのかというと、色々な部分がモジュール構造になっていて、まとめて外して付け直す事により作業時間が信じられないほど早かったのである。
    これは部品が壊れる事の多いラリーでの経験を十二分に活かした結果である。
    例えばミッショントラブルが起こってしまった際、他のチームがミッションを外すためにリアデフを外すためにサスペンションを外したりと20分以上ガレージで作業となってしまうが、R8ではミッションからリアのサスペンションユニットまでセットになっているモジュールを丸ごと交換、結果作業時間5分、ラップにして2〜3ラップ分で復旧させてしまう。
    さすがに他チームの抗議もあり、このやり方はミッションケース交換が禁止となる形でレギュレーション違反とされてしまったが、サスペンションアームなどの壊れやすい部分は一括で取り外せるというモジュールシステムは、その後のルマンでは常識となった。
  • 2006年にR10にバトンタッチする形で引退。

+  余談



*1 1999年LMP→2000〜2003年LMP900→2004〜2005年LMP1

リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-10-02 (水) 18:22:42 (71d)