Top > R92CP '92
分類性能
メーカー日産総排気量3,496ccPP688
国籍日本最高出力800PS/7,600rpm
(952PS/7,500rpm)
全長4,800mm
カテゴリプロトタイプレーシングカー/FIA-グループC最大トルク80.0kgfm/5,600rpm
(95.2kgfm/5,500rpm)
全幅1,990mm
モデル簡易駆動形式MR全高1,100mm
ギャラリー非対応吸気形式TB車両重量900kg/49:51
内装簡易PWR0.94kg/PSTM5速
入手方法カスタム/チューン制限
ディーラーCr.192,000,000カスタムペイント:不可、ホイール交換:不可、エアロ装着:不可
プレゼント---チューンターボキットのみ可

  • '92年の全日本スポーツプロトタイプカー耐久選手権(JSPC)用に製作された純日産社製グループCカーである。
    基本的なメカニズムは'91年モデル、R91CPの改良発展型であり、外観上の差異は、フロントフェンダー上部の
    エアアウトレットで、R91CPまではルーバー状だったものがR92CPでは開閉するフラップ状になった程度である。
    エンジンもR89Cから継続採用されているVRH35Z型3.5L V8ツインターボを改良の上、搭載していた。
  • 戦績は'92年JSPC全6戦、および'93年開催の鈴鹿1000kmの計7戦全戦で優勝。ただし、クラス優勝2戦を含む。
  • '92年シリーズではJSPC最後の年という事もあり、どこまで予選での馬力を上げられるかという挑戦が行われた。
    それまでは1000馬力程度で行っていたところを、本車は推定1200PS以上の大出力で予選を行ったとされる*1
    このエンジンを用いて富士スピードウェイにて予選を行った際、「最悪3周、極端な話で言えばアウトラップと
    アタックラップが無事で、コントロールラインを超えた瞬間バーストしても十分」と称される程超ハイグリップな
    予選用タイヤであるQタイヤを履いた状態にも関わらず、最終コーナーで5速にギアを入れた状態でもタイヤの
    ブラックマークが付くほどホイルスピンを起こしていたようである。そんなエンジンがどれほどのパワーを発揮
    していたかというと、1.5kmしか無いはずのFSWの1コーナー進入時に400km/hをマークしていたとか*2
    後年、R92CPの予選ドライバーを務めた星野一義氏および長谷見昌弘氏は口を揃えて予選仕様のR92CPの
    パフォーマンスが過激すぎて身の危険を感じた旨を証言している。コックピットに座ってから走行開始までの
    心の準備に数十分必要だったと言うほどで、毎レースの予選終了後に星野氏が長谷見氏と顔を合わせてから、
    「お互い無事でよかった」と安堵し、グループCカーカテゴリーが消滅した際は「もうこれで死ななくて済む」
    と2人でホッしたという。また決勝用のローブースト設定でも非常にトルクフルで*3、星野・長谷見両氏共に
    「5Lくらいの排気量があるような錯覚を覚えた」とも話している事等からもどれ程のパワーか分かるだろう。
  • 燃費規定のグループC2として、日本メーカーによって製造されたマシンの中では事実上は最速ではあったが、
    国際的には2年前にカテゴリは終了しており、'92年用のマシンを製作したメーカーは日産だけであった。

+  余談



*1 エンジンベンチでは測定不能だった為、燃料の消費量からの理論値で、「推定1200PS」という書かれ方になる
*2 トヨタ陣営を中心に複数人がストレートエンド付近でスピードガンを構えて測定したと言われている
*3 公称900PSだったが、実際には650-700PS程度で運用

リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2022-09-25 (日) 20:54:43 (71d)