Top > GTO 5.7 クーペ '04
分類性能
メーカーポンティアック総排気量5,665ccPP468
国籍アメリカ最高出力355PS/5,200rpm全長4,821mm
カテゴリノーマルカー/スポーツカー最大トルク50.5kgfm/4,000rpm全幅1,814mm
モデル簡易駆動形式FR全高1,394mm
ギャラリー非対応吸気形式NA車両重量1,690kg/59:41
内装簡易PWR4.73kg/PSTM6速
入手方法カスタム/チューン制限
ディーラーCr.3,449,000カスタムペイント:可、ホイール交換:可、エアロ装着:可
プレゼント---チューンボンネットのみ不可
+  ←カラーバリエーションを表示

#ref(): File not found: "5.7.jpg" at page "GTO 5.7 クーペ '04"


  • GTOは1964年に登場したマッスルカーであるが、4代目が生産終了した1974年にGTOの名が消滅してしまった。
    その後、度々GTOの復活の計画を立ち上げるも実現しなかった。1999年にはのデトロイト・オートショーでようやく「GTOコンセプト」を発表・・・するも市販化は実現せず。
    しかし、そのコンセプトカーが礎となり、2004年、ついに30年越しで5代目「ポンティアック GTO」が復活する。
    • ちなみにこの空白の30年の間に三菱がGTOというスポーツカーをリリースしているが、その北米仕様車の車名が「3000GT」となったのはポンティアックGTOとの商標問題を避けるためである。
  • 5代目のエンジンはV型8気筒5.7L LS1エンジンで、5.7Lという大排気量のエンジンは350馬力を発揮した。
    ボディは、ポンティアックと同じGMの子会社であるオーストラリアのホールデンが生産するスポーツカー3代目モナーロがベースとなっている。
    生産もホールデンが行い、年間18000台を生産する契約をホールデンとかわす。
  • しかし、アメリカでは大排気量だった性能やエクステリアのデザイン、ディーラーの対応などの評判がかなり悪く、年間生産台数は15728台にとどまってしまう。
  • その後も販売実績は微妙で、2006年に3年の生産契約をもって生産終了した。



リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-09-18 (日) 10:52:49 (1254d)