Top > CR-X SiR '90
分類性能
メーカーホンダ総排気量1,595ccPP383
国籍日本最高出力160PS/7,600rpm全長3,800mm
カテゴリノーマルカー/スポーツカー最大トルク15.5kgfm/7,000rpm全幅1,675mm
モデル簡易駆動形式FF全高1,270mm
ギャラリー非対応吸気形式NA車両重量986kg/58:42
内装簡易PWR6.16kg/PSTM5速
入手方法カスタム/チューン制限
ディーラーCr.1,547,000カスタムペイント:可、ホイール交換:可、エアロ装着:可
プレゼント---チューンボンネットのみ不可
+  ←カラーバリエーションを表示

  • 1987年、CR-Xは2代目へとモデルチェンジした。
    先代に冠されたバラードスポーツを外し、CR-Xとして販売された。キャッチコピーは「サイバー・スポーツ」。
  • 先代を踏襲したデザインだが、空力性能向上のためにフラッシュサーフェイス化されワイドローなフォルムとなった。
    ショートホイールベースという点は変わらないが、ライトがセミリトラから固定式に変更されたり、エクストラウィンドウやグラストップなど開放感を重視した装備もあった。
    足回りは前後ともにダブルウィッシュボーンとなったが、駆動系には目立った変更点は無く先代と同じくZC型エンジンが搭載された。
    1988年のマイナーチェンジでは3チャンネル式のABSが設定された。その翌年の1989年、CR-Xは飛躍の年を迎えることになる。
  • 1989年、CR-Xは2回目のマイナーチェンジを受けた。
    新しいキャッチコピー「V計画、核心へ」を引っさげて登場したCR-Xの新グレード「SiR」は、当時のライバルたちとは一線を画す性能を得ることとなる。
    最大の変更点はエンジンである。後にホンダの代名詞となる可変バルブタイミング&リフト機構「VTEC」を搭載したB16Aエンジンが搭載されたのである。
    B16A型エンジンは1.6L直4DOHC 16バルブとトヨタの4A-Gと似てはいるが、VTECにより最高出力160ps、最大トルク15.5kgfmと当時の1.6Lクラス最強のエンジンであった。
    しかし同時期に同社から発売されたシビックにスペックが劣ってしまったため、その影に隠れることとなる。
  • 1992年に3代目にバトンタッチし生産終了した。




リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-05-09 (土) 23:35:00 (1676d)