Top > バラード スポーツ CR-X 1.5i '83
分類性能
メーカーホンダ総排気量1,488ccPP363
国籍日本最高出力110PS/5,800rpm全長3,675mm
カテゴリノーマルカー/スポーツカー最大トルク13.8kgfm/4,500rpm全幅1,625mm
モデル簡易駆動形式FF全高1,290mm
ギャラリー非対応吸気形式NA車両重量815kg/58:42
内装簡易PWR7.40kg/PSTM5速
入手方法カスタム/チューン制限
ディーラーCr.1,270,000カスタムペイント:可、ホイール交換:可、エアロ装着:可
プレゼント---チューン---
+  ←カラーバリエーションを表示

  • 3代目シビックの姉妹車「バラード」のスポーツモデルとして1983年7月に発売された初代CR-X。日本国外名は「Civic CRX」。
    バラード譲りのセミリトラクタブルヘッドライトを持つ3ドアファストバックで、キャッチコピーは「デュエット・クルーザー」。
    そのPRに対し開発陣は本車を『FFライトウェイトスポーツ』として設計しており、現在は同ジャンルの祖として知られている。
  • ボディは非常に軽量で、リアハッチを持ったテールエンドは切り落とされたような形状をしており、空力的性能にも優れた。
    サイズもコンパクトでかつホイールベースはわずか2200mm、最大車重も800kg台の為にハンドリングは非常にクイックだった。
    軽量化と空力性能を磨き上げて軽快さや燃費を追求する設計思想は現代の小型車にも共通する点であり、本車も低燃費を実現。
    上位モデルの1.5iでも15.0km/l、下位モデルの1.3では20.0km/lを達成、北米専用の低燃費グレードでは27.8km/hを記録した。
  • 1984年11月には1.6L直4DOHC16バルブのZC型エンジンを搭載したスポーツモデル「Si」がシビックと共に追加、人気を得た。
    ZC型には後の「VTEC」へと繋がる、Y型スイングアームを介してバルブを駆動させるスイングアーム式リフター機構を採用。
    車重こそ60kg増加したが、高性能の直4DOHCエンジンの採用・形式名「AS」の一致から、「Sシリーズ」の再来と言われた。
    翌年には内外装のマイナーチェンジを実施し、特徴であったセミリトラクタブルヘッドライトや2トーンカラーが廃止された。
  • 初代CR-Xは1987年9月に2代目が登場し生産終了。本世代で誕生したFFライトウェイトスポーツの血筋は現在でも健在である。




リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2023-08-20 (日) 21:38:40 (327d)