Top > バラード スポーツ CR-X 1.5i '83
分類性能
メーカーホンダ総排気量1,488ccPP363
国籍日本最高出力110PS/5,800rpm全長3,675mm
カテゴリノーマルカー/スポーツカー最大トルク13.8kgfm/4,500rpm全幅1,625mm
モデル簡易駆動形式FF全高1,290mm
ギャラリー非対応吸気形式NA車両重量815kg/58:42
内装簡易PWR7.40kg/PSTM5速
入手方法カスタム/チューン制限
ディーラーCr.1,270,000カスタムペイント:可、ホイール交換:可、エアロ装着:可
プレゼント---チューン---
+  ←カラーバリエーションを表示

  • バラードスポーツCR-Xは1983年に発売された初代CR-Xの名前である。海外では「CIVIC CRX」として販売された。
    キャッチコピーは「デュエット・クルーザー」であるが、そのキャッチコピーからは想像もできない高性能スポーツカーとして存在することとなる。
  • リアハッチを持った3ドアハッチバックだが、テールエンドが切り落とされたような形状をしており非常に空力性能に優れていた。
    また車体も非常に軽量で収録モデルで800kg、下位モデルの1.3ではわずか760kgであった。
    ボディサイズもコンパクトでホイールベースはわずか2200mm。これで車重が800kgというのだからハンドリングはFFであることを忘れてしまうほどクイックである。
    このボディに110ps/13.8kgfmを発揮する1.5L直4SOHC12バルブのEW型エンジンを搭載。当時の1.5Lクラス最速となるには十分すぎる性能で、峠では2Lクラスのスポーツカーでさえ道を開けたほど。
    同時期にトヨタから発売されたAE86とは馬力では劣ったが軽量さとクイックさで勝り、良きライバルとなった。
  • 発売の翌年である1984年には最上位モデルとなるSiが追加された。
    Siには1.6L直4DOHC16バルブのZC型エンジンを搭載し135psを発生した。このZC型エンジンはY型スイングアームを介してバルブを駆動させるスイングアーム式リフター機構を採用しており、この機構は後のホンダの代名詞である「VTEC」へとつながることとなる。
    しかし馬力を得た代償として車重が60kg増加してしまった。
    このSiの形式であるASはSシリーズの形式名と一致することから、一部のホンダファンの間ではSシリーズの再来と受け止められた。
    そのまた翌年の1985年にはマイナーチェンジを実施。内外装に変更が加えられた。
  • 軽量で空力がいいとくれば、最近流行の低燃費を売りにする車が思い浮かぶだろう。
    このバラードスポーツCR-Xも現代から見てもかなりの低燃費を実現していた。
    収録モデルの1.5iで15.0km/lを実現し、下位モデルの1.3では20.0km/lを記録した。また北米専用モデルではあるが、8バルブエンジンを搭載した廉価グレードでは27.8km/hを実現した。
    この数値はハイブリッドカーである初代プリウスと同等というとてつもない数値である。
    軽量化と空力性能の向上という基本性能を磨き上げることで燃費性能を追求するという考え方は後の初代インサイトにも通じる部分がある。
  • この初代CR-Xは1987年に2代目EF型へとバトンタッチし生産終了した。
    発売から40年以上が経過しようとしているが、数多くの愛好家の手によって維持されている。




リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2022-09-25 (日) 15:07:37 (71d)