Top > 500 1.2 8V ラウンジ SS '08
分類性能
メーカーフィアット総排気量1,240ccPP287
国籍イタリア最高出力69PS/5,500rpm全長3,545mm
カテゴリノーマルカー/3ドアハッチバック最大トルク10.4kgfm/3,000rpm全幅1,625mm
モデル高品質駆動形式FF全高1,515mm
ギャラリー対応吸気形式NA車両重量1,010kg/62:38
内装再現PWR15.30kg/PSTM5速
入手方法カスタム/チューン制限
ディーラーCr.2,330,000カスタムペイント:可、ホイール交換:可、エアロ装着:可
プレゼント---チューン---
+  ←カラーバリエーションを表示

新500.jpg

  • フィアット500の3代目。30年前に発売された先代(2代目)の面影を多く残しているのが特徴。
    内外装のデザインは2代目の雰囲気を色濃く残しているが、2代目パンダがベースとなっている為、駆動方式はFFとなっている。
    エンジンも同様、パンダと共通の1.2Lエンジンに「デュアロジック」と呼ばれるセミATを搭載。グレードによっては5速MTも用意されている。
  • 収録モデルの「ラウンジ SS」は日本導入記念に200台限定で販売されたモデルあり、フルオートエアコンにサイドモール、フロントフォグランプなどが特別装備されている。
  • 2010年7月には、わずか900ccの2気筒エンジン「ツインエア」が発表された。
    エンジン自体は小さいが、独自技術「マルチエア」やターボと組み合わせる事により、本作に収録されている1.2Lモデルより高い最高出力、未収録の1.4Lモデル(日本では販売終了)より太い最大トルクを発揮しながらも、燃費性能は最も良いグレード(5MT)がJC08モードで26.5km/Lという、革新的なユニットとなっている。

+  派生モデルの解説




リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-09-16 (金) 19:53:43 (1183d)