Top > ヴィッツ F '12
分類性能
メーカートヨタ総排気量1,329ccPP327
国籍日本最高出力95PS/6,000rpm全長3,885mm
カテゴリノーマルカー/5ドアハッチバック最大トルク12.3kgfm/4,000rpm全幅1,695mm
モデル高品質駆動形式FF全高1,500mm
ギャラリー対応吸気形式NA車両重量990kg/61:39
内装再現PWR10.53kg/PSTMCVT
入手方法カスタム/チューン制限
ディーラーCr.1,300,000カスタムペイント:可、ホイール交換:可、エアロ装着:可
プレゼント---チューン---
+  ←カラーバリエーションを表示

ヴィッツ12.jpg

  • 2010年12月に3代目へとフルモデルチェンジしたヴィッツ。コンセプトは先代同様に国際市場のBセグメントを担当する。
    Bセグメントハイブリッドが存在しない欧州では本車にアクアの動力系を移植しヤリス・ハイブリッドとして販売された。
  • ボディは先代よりも全長が若干長くなったが空力性能を改善、日本市場でのボディタイプは先代同様に5ドアのみを設定。
    内装では初代からのアイデンティティだったセンターメーターが廃止、オーソドックスなアナログメーターが採用された。
    トランスミッション設定も日本市場ではスポーティーグレードの「RS」以外はCVTのみに整理され、大衆車路線を強めた。
  • グレード構成は、廉価モデル「F」・女性向けモデル「Jewela」が1Lと1.3L、標準モデル「U」は1.3Lと1.5Lが選択可能。
    収録モデルは廉価グレード「F」の1.3L仕様。1.5Lを搭載するスポーティーグレード「RS」は残念ながら未収録となった。
  • 2014年4月と2017年1月にはビッグマイナーチェンジを実施、内外装の変更やエンジンの刷新・改良を行い、質感を強化。
    後者の改良ではハイブリッドがアクアの弟分・RSの代替として導入。同年9月にはRSの後継で「GR SPORT」を追加した。
    2019年には北米でモデル廃止となったが、日本と欧州市場では車名を「ヤリス」に統一した4代目が2020年に発売された。
    その為、日本市場では1999年に登場した初代から21年続いた「ヴィッツ」という車名はこの3代目で消滅する事となった。

+  メーカーチューンドモデルとWRC復帰




リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2021-08-03 (火) 18:38:55 (49d)