Top > アクア S '11
分類性能
メーカートヨタ総排気量1,496ccPP337
国籍日本最高出力74PS/4,800rpm全長3,995mm
カテゴリノーマルカー/5ドアハッチバック*1最大トルク11.3kgfm/3,600-4,400rpm全幅1,695mm
モデル高品質駆動形式FF全高1,445mm
ギャラリー対応吸気形式NA車両重量1,080kg/61:39
内装再現PWR14.59kg/PSTMCVT
入手方法カスタム/チューン制限
ディーラーCr.1,790,000カスタムペイント:可、ホイール交換:可、エアロ装着:可
プレゼント---チューン---
+  ←カラーバリエーションを表示

アクア.jpg

  • 「次の10年を見据えた小型ハイブリッド車」とのコンセプトで2011年に発売された5ドアハッチバック、アクア。
    日本国外での車名は「プリウスC」で、2011年の北米国際自動車ショーに展示された同名車両の市販版にあたる。
    日本での車名の由来はラテン語の「水」であり、水の持つ「透明感あるクリーンなイメージ」から名付けられた。
    欧州ではより小型なヤリス(ヴィッツ)のハイブリッド仕様が代替として発売され、後に日本でも発売された。
  • 基本設計には、トールワゴンのラクティスのシャシーと2代目プリウスのハイブリッドシステムの改良版を採用。
    これにより5ナンバーサイズかつ軽量で全グレード35.4km/Lという超低燃費、更に高い運動性能と利便性を実現。
    その結果、1年間で20万台以上を販売し、2013年以降の年間販売台数ではプリウスを超える大ヒットを記録した。
    本車の登場は他社にも影響を与え、2013年に登場した3代目ホンダ・フィットとは熾烈な燃費競争を繰り広げた。
  • 収録モデルは前期型の中間グレード「S」。実用車のみならず、モータースポーツ入門車としても人気を集めた。
  • 2014年12月と2017年6月にビッグマイナーチェンジを実施し、スポーティモデルやクロスオーバーモデルを追加。
    北米では2019年にカローラに統合され販売終了、日本ではコンセプト通りの2021年7月に2代目へ切り替わった。



*1 ハイブリッドカー

リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2021-07-31 (土) 00:05:35 (53d)