Top > ヴィッツ RS 1.5 '07
分類性能
メーカートヨタ総排気量1,496ccPP332
国籍日本最高出力110PS/6,000rpm全長3,800mm
カテゴリノーマルカー/5ドアハッチバック最大トルク14.4kgfm/4,400rpm全幅1,695mm
モデル高品質駆動形式FF全高1,520mm
ギャラリー対応吸気形式NA車両重量1,070kg/61:39
内装再現PWR9.72kg/PSTM7速
入手方法カスタム/チューン制限
ディーラーCr.1,638,000カスタムペイント:可、ホイール交換:可、エアロ装着:可
プレゼント---チューン
+  ←カラーバリエーションを表示

2代目ヴィッツRS.jpg

  • 2005年2月1日に発売された2代目ヴィッツ。この世代から北米でも「ヤリス ハッチバック」として販売されるようになった。
    パッソの誕生によりトヨタ最小モデルの縛りから抜け出した事、コンパクトカーの質の向上等から、ボディサイズを大型化。
    先代で高く評価された内外装の意匠を引き継ぎつつも、一回りほどボディを大きくした事で衝突安全性や居住性が向上した。
  • ボディが大型化した一方、搭載エンジンは先代と同様に1L・1.3L・1.5Lの3種類を設定、主に環境性能に磨きがかけられた。
    2007年8月にはマイナーチェンジで中期型となり、ターンランプ付ドアミラー、サイド・カーテンエアバッグを標準装備化。
    スポーティグレード「RS」には1.3L CVT車を追加、収録された1.5L CVT車には7速シフトモード付パドルシフトを追加した。
  • RSよりもスポーティなモデルとして「TRD Sports M」や、2007年からは先代のRSターボの後継「TRD Turbo M」も登場した。
    2006年からは「ヴィッツレース」参戦用に専用部品を装着し、エンジンには封印を施した「RS TRD Racing」も発売された。
  • 2008年9月にはマイナーチェンジで後期型となり、全車で外装を小変更。2010年12月には3代目へフルモデルチェンジした。




リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2021-08-03 (火) 22:34:44 (49d)