Top > ロードスター 1.8 RS (NB) '98
分類性能
メーカーマツダ総排気量1,839ccPP371
国籍日本最高出力145PS/6,500rpm全長3,955mm
カテゴリノーマルカー/オープンスポーツカー最大トルク16.6kgfm/5,000rpm全幅1,680mm
モデル簡易駆動形式FR全高1,235mm
ギャラリー非対応吸気形式NA車両重量1,030kg/53:47
内装簡易PWR7.10kg/PSTM6速
入手方法カスタム/チューン制限
ディーラーCr.2,295,000カスタムペイント:可、ホイール交換:可、エアロ装着:可
プレゼント---チューン---
+  ←カラーバリエーションを表示

  • マツダを代表する大ヒット車となっていたロードスターは、1998年に初のフルモデルチェンジを行い、2代目(NB型)となった。
    日本での販売チャンネルだった「ユーノス」は1996年にマツダに統合された為、車名は「マツダ・ロードスター」に変更された。
  • 設計はその大半がNA型の継承だが、衝突安全性・空力性・軽量化の面からリトラクタブルライトを廃止し、ボディも短くなった。
    各部剛性も強化されたNB型は市場から「正常進化」「よりスポーティーとなった」と評価され、先代同様に国内外でヒットした。
    基本設計がNA型と共通の為、ユーザー間ではNB型のソフトトップ等のパーツをNA型に移植する「流用チューニング」も流行した。
  • 搭載エンジンもNA型と同じ1.8LのBP-ZE型の他、NA型の中期型で消滅していた1.6LのB6-ZE型も設定し、市場のニーズに答えた。
    スポーツ走行を意識した最高出力145PSの1.8Lは可変吸気機構や6速MTを採用、ドライブを意識した1.6Lも最高出力125PSとした。
    収録された「RS」は1.8L・MT限定のスポーツグレードでビルシュタイン製足回り・15インチタイヤ・LSD等を標準装備している。
  • 2000年にバンパーやライトの変更や剛性強化を行った後期型となり、1.8Lは可変バルブ機構の採用で最高出力が160PSに向上。
    2003年にはクーペモデル「ロードスタークーペ」や、最高出力172PSの1.8Lターボの「ロードスターターボ」が限定販売された。
    このような性能向上や限定車の販売が数回行われたNB型は、2005年7月に3代目となるNC型へ切り替わる形で生産終了となった。

+  余談



リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-05-27 (水) 15:31:46 (41d)