Top > ロードスター 1.8 RS (NB) '98
分類性能
メーカーマツダ総排気量1,839ccPP371
国籍日本最高出力145PS/6,500rpm全長3,955mm
カテゴリノーマルカー/オープンスポーツカー最大トルク16.6kgfm/5,000rpm全幅1,680mm
モデル簡易駆動形式FR全高1,235mm
ギャラリー非対応吸気形式NA車両重量1,030kg/53:47
内装簡易PWR7.10kg/PSTM6速
入手方法カスタム/チューン制限
ディーラーCr.2,295,000カスタムペイント:可、ホイール交換:可、エアロ装着:可
プレゼント---チューン---
+  ←カラーバリエーションを表示

  • 初代の人気が絶好調だったため販売から10年間フルモデルチェンジを行わなかったロードスターだが、1998年に初のモデルチェンジが行われた。
    • なお、ユーノス店がマツダディーラーの統廃合の為なくなったので、この代から車名も「マツダ・ロードスター」に変更された。
  • 初代との大きな違いは、リトラクタブルライトが廃されたことと、ボディサイズが若干大きくなった程度。「正常進化」との呼び声も高く、よりスポーティーなロードスターとなった。だが、リトラが廃止されたことについて反対する意見も大きかった。
  • 外装は大きく変わったものの、車体部分にはほとんど変化がなかった。そのためNBで付け加えられた溶接ガゼットや、リアウインドウがガラス製に切り替わったソフトトップをNA型に移植するチューニングが流行った。
  • 1.8Lモデルには6MTが採用されたが、これがアルテッツァS15シルビアで悪評高いアイシン製であった。
    1.6Lの方は先代から継続の「手首を返すだけでシフトできる」マツダ内製ミッションだったのに対し、「入りはガサツでストロークが長い」という代物であった(5MTと比較して長いだけで、MTとしては標準的なレベル)。
    幸い、前出の2車種に比べれば、車体と車格のおかげでパワーチューンはされず破壊されることは少なかったが、フィーリングを最重視されるおかげで悪評も多い。
    ただギアを叩き込むような仕様となるとあまりに気にならないので、サーキット仕様を中心にスワップも多いため、他の2車種に比べればマトモに評価されている。
  • 2000年にはマイナーチェンジがなされた。フロント部を中心とした外装にメスが入ったうえ、パワーも少し向上した。
  • その後も、この2代目は年を追うごとに少しずつではあるがスペックに変更がなされてきた。
  • そして、2005年、ロードスターは3代目にバトンタッチ。ロードスターの火は未だ消えていない。



リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-09-21 (水) 20:06:37 (1174d)