Top > アルテッツァ RS200 '98
分類性能
メーカートヨタ総排気量1,998ccPP396
国籍日本最高出力210PS/7,600rpm全長4,400mm
カテゴリノーマルカー/4ドアセダン最大トルク22.0kgfm/6,400rpm全幅1,720mm
モデル簡易駆動形式FR全高1,410mm
ギャラリー非対応吸気形式NA車両重量1,340kg/54:46
内装簡易PWR6.41kg/PSTM6速
入手方法カスタム/チューン制限
ディーラーCr.2,400,000カスタムペイント:可、ホイール交換:可、エアロ装着:可
プレゼント---チューン---
+  ←カラーバリエーションを表示

  • アルテッツァのスポーツグレード。国外仕様「レクサス・IS」には設定の無い、2L直4の3S-GE型エンジンを搭載する。
    エンジンの吸排気にVVT-iを用いたデュアルVVTやチタンバルブ等の最新技術を投入、公称の最高出力は210PSとした。
  • 当時の日本はコンパクトなFRスポーツセダンが長らく存在しなかった為、多くの車好きが本車両の誕生を待ちわびた。
    だが、発売後は大きめなボディサイズに簡素な内装や、スポーツ走行に向かない足回りと6MTのギア比が批判された。
    その為、2001年5月の後期型では内外装をレクサス版に近づけて質感を向上、6MTも加速寄りとする等の改善を図った。
  • 本車両はモータースポーツでも重宝され、グループN系のスーパー耐久やトヨタ公式のワンメイクレースで主に活躍。
    生産終了後の2007年には、創立直後のGAZOO Racingが中古の後期型でニュルブルクリンク24時間レースに参戦した。
  • なお、本車はスタンダードモデルの中でも、比較的クオリティが高い車両の内の1台である。

+  余談




リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-06-01 (月) 23:27:51 (37d)