Top > リーフ G '11
分類性能
メーカー日産総排気量---ccPP333
国籍日本最高出力109PS/2,730-9,800rpm全長4,445mm
カテゴリノーマルカー/5ドアハッチバック*1最大トルク28.6kgfm/0-2,730rpm全幅1,770mm
モデル高品質駆動形式FF全高1,545mm
ギャラリー対応吸気形式EV車両重量1,520kg/50:50
内装再現PWR13.94kg/PSTMCVT
入手方法カスタム/チューン制限
ディーラーCr.4,060,000カスタムペイント:可、ホイール交換:可、エアロ装着:可
プレゼント---チューンサス・ブレーキ・軽量化・ボンネット・ウィンドウ以外不可
+  ←カラーバリエーションを表示

リーフ.jpg

  • 日産自動車が2010年12月に発売開始した電気自動車である。
    2009年の東京モーターショーで一般向けに初公開され、2010年11月に販売が開始された。
    車名の「リーフ(LEAF)」は、英語で「葉」を意味する「leaf」が由来となっており、植物の葉が大気を浄化する事から車名に選ばれている。
  • 専用プラットフォームを採用したため電気自動車として最適化することができ、空気抵抗(Cd値)を0.28まで抑制して航続距離の向上を図っている。
    航続距離はJC08モードで200kmと発表されており、急速充電では約30分、200V電源による充電は約8時間だが、100V電源からの充電は約28時間かかるという。
  • 充電とは逆に、リーフに貯めた電力を家庭内で利用できる LEAF to Home を展開している。
    リーフに貯めた電力を専用EVパワーステーションと分電盤を経由して家庭内に電力を供給できるシステム。
    フル充電時からの利用は最大で2日分利用できる。また、停電時でもリーフから電力を供給していれば、気兼ねなく普通の生活ができる。
  • 収録モデルの「G」は、オプション装備のバックモニター、ETCユニット、ソーラーパネル付きリアスポイラー等を装備した上級グレードである。
    作中においても同スポイラーは装備されている(上から見るとソーラーパネル部分の色が異なっている)。
  • リーフのコマーシャルは多数あるのだが、加速性能比較と言う事で同社の180SXのチューンドカーと勝負している。
  • 2012年11月にマイナーチェンジ。軽量化やモーターの変更等をした結果航続距離は228kmに向上、同時に廉価グレードのSが追加された。
  • そして2017年9月6日、2代目のリーフ(ZE1型)が発表された。
    • フルモデルチェンジによりバッテリースペース確保を行い、更に新たな大容量バッテリーを搭載したモデルもラインナップに加わり、2種類のバッテリーが選べる。
      上級グレードには前モデルの倍となる60kWh駆動用バッテリーを搭載し、JC08モードで500knとなる。
      エントリーモデルも容量アップをし、48kWh駆動用バッテリーを搭載。JC08モードで400kmとなる。
    • 3代目ノートのレンジエクステンダーEV仕様であるe-Powerから採用されている、アクセルペダルのみの操作で、発進や加速、減速に停止保持が可能となるシステム「eペダル」(全車標準装備)を搭載。他にも自動運転システム「プロパイロット」に加え国産車では初めてとなる駐車時のアクセルからブレーキ、ハンドル・シフト、パーキングブレーキまで全て自動制御する「プロパイロット パーキング」(いずれもグレード別設定)を搭載している。
    • 日本国内では2017年10月2日から発売されている。
      なお、大容量バッテリーモデルの追加設定や海外へのデリバリーについては、2018年予定と公式アナウンスされている。

+  レーシングモデル

+  実車について

+  GTシリーズでは



*1 電気自動車

リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-03-02 (土) 14:49:44 (171d)