Top > ランサーエボリューション VIII GSR '03
分類性能
メーカー三菱総排気量1,997ccPP473
国籍日本最高出力280PS/6,500rpm全長4,490mm
カテゴリノーマルカー/スポーツカー最大トルク40.0kgfm/3,500rpm全幅1,770mm
モデル簡易駆動形式4WD(35:65)全高1,450mm
ギャラリー非対応吸気形式TB車両重量1,410kg/60:40
内装簡易PWR4.39kg/PSTM6速
入手方法カスタム/チューン制限
ディーラーCr.3,298,000カスタムペイント:可、ホイール交換:可、エアロ装着:可
プレゼント---チューンアクティブ・ヨー・コントロール・システム搭載
+  ←カラーバリエーションを表示

#ref(): File not found: ".jpg" at page "ランサーエボリューション VIII GSR '03"

#ref(): File not found: ".jpg" at page "ランサーエボリューション VIII GSR '03"


  • エボ7から2年越しの登場となったランサーエボリューションVIII(通称エボ8)は、三菱自動車の迷走期の影響を強く受けたモデルとなってしまった。
    空力特性を向上させるため全長がエボ7比で25mm伸ばされフロントバンパーが延長されたが、その際、ダイムラー・クライスラーより移籍してきたデザイナー、オリビエ・ブーレイが三菱車共通のアイデンティティとして提唱した「富士山型のグリル(通称:ブーレイ顔)」が採用された。
    ところが、これによりラジエターの冷却性低下や空気抵抗の増大を招いたことから、ユーザーからは不評であった。
    この「ブーレイ顔」は、1年後のエボ8MRにも影響を与えることとなってしまった。*1
    また、内装に青系のファブリックを採用し、ライバルであるインプレッサを想起させることも不評のひとつであった。
  • しかし、メカニズム的には着実な進歩を遂げており、愛知工業製6速MT(GSRのみ)やAYCの内部構造を見直して左右のトルク移動量を増大させた「スーパーAYC」は、いずれもエボ8からの採用である。
    特にスーパーAYCの採用は従来のAYCと異なり実戦にも使えるデバイスとなったこともあり、スーパー耐久等のレースカーで装着されるケースも見受けられるようになった。
    また、量販セダン車初となるカーボン製リアスポイラーも採用され、重心位置の低下に一役買う形となった。
  • エボ8について特筆すべきは、正規に海外輸出が開始されたことである。
    その際、ブランドイメージ統一のため、従来の「EVOLUTION @(ここでは8にあたる)」ではなく、「LANCER Evolution」のみ後部にエンブレムが装着されることとなった。
    また、増大する車両盗難対策に鑑み、全モデルでイモビライザーが標準装備されたこともトピックとなった。
  • GT6では標準モデルのGSR(本モデル)に加えてレースベース車であるRSも収録されている。

+  余談



*1 2004年にブーレイがダイムラーに戻った後は、これらのモデルの殆どがブーレイ顔を廃止している

リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-06-14 (日) 13:40:12 (1162d)