Top > ランサーエボリューション VIII GSR '03
分類性能
メーカー三菱総排気量1,997ccPP473
国籍日本最高出力280PS/6,500rpm全長4,490mm
カテゴリノーマルカー/スポーツカー最大トルク40.0kgfm/3,500rpm全幅1,770mm
モデル簡易駆動形式4WD(35:65)全高1,450mm
ギャラリー非対応吸気形式TB車両重量1,410kg/60:40
内装簡易PWR4.39kg/PSTM6速
入手方法カスタム/チューン制限
ディーラーCr.3,298,000カスタムペイント:可、ホイール交換:可、エアロ装着:可
プレゼント---チューンアクティブ・ヨー・コントロール・システム搭載
+  ←カラーバリエーションを表示

  • 2003年1月に登場したランサーエボリューションVIII(エボVIII)。6代目ランサーがベースの第3世代ランエボでは2代目となる。
    本世代から正規に海外輸出が開始され、ブランドイメージ統一の為に車名エンブレムは「LANCER Evolution」に変更された。
    空力向上の為にフロントバンパーが延長されたが、三菱自動車の迷走期の影響がそれに大きく出たモデルとなってしまった。
  • 最大の変更はダイムラー・クライスラーから移籍したデザイナー、オリビエ・ブーレイ氏による「富士山型グリル」にある。
    通称「ブーレイ顔」と呼ばれるそれは、ラジエターの冷却性低下や空気抵抗の増大を招いた為、ユーザーから不評であった。
    これはモデル毎に進化するランエボには珍しい「退化」と言われ、社外製バンパーに変えるユーザーやレーサーも多かった。
    また、内装に関しても青系のファブリックを採用した点は、ライバル車のスバル・インプレッサを想起すると不評を呼んだ。
  • 一方でメカニズム面は進歩しており、AYCは内部構造を見直して左右のトルク移動量を増大させた「スーパーAYC」となった。
    スーパーAYCは従来のAYC以上に実戦でも使えるようになり、スーパー耐久等のレースカーにも多く採用されるようになった。
    また、量販セダン車初となるカーボン製リアスポイラーが採用された他、収録モデルの「GSR」では6速MTも追加設定された。
  • GT6では標準モデルのGSR(本モデル)に加えて競技用モデルの「RS」、1年後に登場した強化モデル「MR」も収録されている。

+  余談



リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-05-23 (土) 17:43:53 (4d)