Top > ランサーエボリューション VIII MR GSR '04
分類性能
メーカー三菱総排気量1,997ccPP475
国籍日本最高出力280PS/6,500rpm全長4,490mm
カテゴリノーマルカー/スポーツカー最大トルク40.7kgfm/3,500rpm全幅1,770mm
モデル簡易駆動形式4WD(35:65)全高1,450mm
ギャラリー非対応吸気形式TB車両重量1,400kg/60:40
内装簡易PWR4.29kg/PSTM6速
入手方法カスタム/チューン制限
ディーラーCr.3,398,000カスタムペイント:可、ホイール交換:可、エアロ装着:可
プレゼント---チューンアクティブ・ヨー・コントロール・システム搭載
+  ←カラーバリエーションを表示

  • エボVIIIから1年後、ギャランGTOが発祥の「MR(Mitsubishi Racing)」の名を与えられた初のランサーエボリューション。通称「エボVIII MR」。
  • 基本的な形状は通常のエボVIII同様だが、リアスポイラーの翼端板がボディ色を問わずダークグレーに塗装されている点がエボVIIIとの相違点。
    最大の特徴は量産車初のアルミ製ルーフの採用等による軽量化で、エボVIII比で10kg軽量化、第3世代ランエボの中では最も軽量に仕上がった。
    スチール製のボディに対して異素材となるアルミ製ルーフを接合する為に特殊溶接技術が投入されており、高いボディ剛性も確保されている。
    ルーフにも大小9つのフィンを備える「ボルテックス・ジェネレータ」がオプション装着可能となる等、MRの名に恥じぬ大規模改修を受けた。
  • エンジン周りも手が加えられ、大容量ターボチャージャーの採用等で最大トルクが向上し、使い勝手の良い4500〜6000rpmのトルクを強化。
    ランエボ初のビルシュタイン製ダンパーの標準採用やBBS製軽量アルミホイールがオプション選択可能となり、更に走行性能を上げている。



リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-05-23 (土) 18:10:50 (6d)