Top > ディアブロ GT '00
分類性能
メーカーランボルギーニ総排気量5,992ccPP556
国籍イタリア最高出力575PS/7,300rpm全長4,430mm
カテゴリノーマルカー/スーパーカー最大トルク64.2kgfm/5,500rpm全幅2,040mm
モデル高品質駆動形式MR全高1,115mm
ギャラリー対応吸気形式NA車両重量1,490kg/41:59
内装再現PWR2.56kg/PSTM5速
入手方法カスタム/チューン制限
ディーラーCr.30,000,000カスタムペイント:可、ホイール交換:可、エアロ装着:可
プレゼント---チューンダート走行不可
+  ←カラーバリエーションを表示

ディアブロ.jpg

  • 1990年に登場したディアブロは、世界中で大ヒットとなったスーパーカー・カウンタックの後継機である。
    車名のディアブロとはスペイン語/イタリア語で「悪魔」の意であり、ミウラと同様に闘牛から取られている。
  • 基本構造はカウンタックを踏襲しているが、全長やホイールベースを拡大する等して、走行時の安定性や居住性を改善してある。
    エンジンもカウンタック同様の縦置きミッドシップで、初期型は5.7LのV型12気筒により490馬力、後に6.0Lに拡大され550馬力を発揮した。
  • 当初はリトラクタブル・ヘッドライトを採用していたが、後のマイナーチェンジで固定式ヘッドライトとなった。
    このヘッドライトはフェアレディZ(Z32)と同じものであり、ユニットのNISSANロゴはカバーで隠されている。
    これはオーナーによる私的改造が流行し、それを見たランボルギーニ関係者が正式採用したという経緯がある。
  • 収録モデルの「ディアブロ GT」は、歴代ディアブロシリーズでも最強のモデルとされている。
    FIA-GT選手権用に開発されたディアブロ GT2をベースとし、GT2譲りの6.0Lエンジンは575PSを発揮、最高速度338kmをマークした。
    ボディはルーフとドア以外の全てがカーボンコンポジットに変更されており、1,490kgと歴代でも最軽量を誇っている。
    生産台数は世界限定80台のみ。最後の1台は販売されず、本社のランボルギーニ・ミュージアムに展示されているという。




リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-01-01 (火) 17:15:52 (292d)