Top > ゾンタ R '09
分類性能
メーカーパガーニ総排気量5,987ccPP630
国籍イタリア最高出力750PS/7,500rpm全長4,886mm
カテゴリレーシングカー/サーキット専用モデル最大トルク72.4kgfm/5,700rpm全幅2,014mm
モデル高品質駆動形式MR全高1,141mm
ギャラリー対応吸気形式NA車両重量1,070kg/47:53
内装再現PWR1.43kg/PSTM6速
入手方法カスタム/チューン制限
ディーラーCr.165,000,000カスタムペイント:可、ホイール交換:不可、エアロ装着:不可
プレゼント---チューンエンジンチューン・ターボキットのみ可

ゾンダR.jpg

  • 2009年からゾンタをベースに15台限定で市販されたサーキット走行専用モデル。
    ベースにしたと言ってもパーツの90%以上が新開発であるため、実質新規開発と言っても差支えはない。
    それまでの公道走行可能な車両がメルセデスのSLなどの上級グレードに用いられている(初代モデルを除きAMG仕様の)V12を乗せていたのに対し、本車両のエンジンはレース用のメルセデスベンツ・CLK-GTRのユニットをベースにした6.0Lエンジン(739PS)を搭載している。
  • 2010年6月30日、ニュルブルクリンク北コース6分47秒50を記録し当時の市販車最速記録を達成した。しかし"サーキット走行専用車=ほぼレーシングカー"ということから「これくらいのタイムが出て当然」という意見もある。
    また、TopGearテストトラックでは1分08秒5の最速記録を達成した(ただし、こちらはスリックタイヤの為無効となっている)。

+  GT6での「ゾンタ R '09」




リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-01-14 (月) 17:11:56 (152d)